クリス、元SJハンギョンと韓中合作映画に出演

THE FACT JAPAN / 2014年8月12日 16時24分

所属事務所と専属契約無効訴訟中のEXO出身クリスが、元SUPER JUNIORのハンギョンと韓中合作映画に出演することになった。|THE FACT DB


所属事務所のSMエンターテインメントに対して「専属契約無効訴訟」を起こし、EXOから離れ個人活動中であるクリス(吴亦凡)が、SUPER JUNIORの元メンバーだったハンギョン(韓庚)と韓中合作映画に出演することが、分かった。
12日、映画業界によると、クリスは韓国俳優のチュウォンとハンギョンが撮影中の映画「夏有喬木 雅望天堂」(チョ・ジンギュ監督)に合流するという。映画は三人の男と一人の女が繰り広げる恋の物語を描くメロドラマ。ハンギョンが最初に抜擢され、次にチュウォンがキャスティング、最後にクリスが合流したことと知られた。
2009年、ハンギョンは当時の所属事務所であうSMに対して専属契約無効力訴訟を起こし、SUPER JUNIORを脱退してから母国の中国で歌手兼俳優として活動している。アイロニーなことに、クリスも今年の5月に同類の訴訟を提起してSMとの裁判が続いている。またクリスは、ハンギョンが所属している中国の有名芸能プロダクションYUEHUAエンターテインメントと新しく契約したことが明らかになり、話題を呼んだ。
THE FACT|キム・ガヨン記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング