2PMのJun.Kが山下智久の新曲をプロデュース!日韓ファンの期待高まる

THE FACT JAPAN / 2014年9月18日 10時52分

2PMのメンバーのJun.Kが山下智久の新曲をプロデュースして話題だ。|提供:JYP Entertainment


2PMのメンバーのJun.K(26)が、日本のトップアーティスト山下智久(29)の新譜にプロデューサーとして参加した。
所属事務所のJYPエンターテインメントは17日、「Jun.Kが来月8日に発売される山下智久さんのニューアルバム『YOU』の制作に参加して、プロデューサーとしての才能を発揮した。Jun.Kは山下さんの新譜で『ブローディア』というバラード曲を作曲した」と明らかにした。“山P”という愛称で呼ばれている山下智久は、韓国でもファンコミュニティサイトが多数開設されているほど人気が高いため、今回のニュースには、日韓ファンともにして熱い関心が寄せられている。
一方、2PMのメンバーとして活動しているJun.Kは、今回グループの韓国4thフルアルバムと日本8枚目となるシングルとして注目されている「GO CRAZY!(ミダレテミナ)」の作詞作曲・プロデュースを異例的に務め、話題を呼んだ。また今年の5月は、全曲の作詞作曲・プロデュースを務めた日本ソロアルバム「LOVE&HATE」がオリコンアルバム・週間チャート2位に上がるほど人気を集めた。さらに来月22日に発売される所属事務所の後輩グループGOT7の日本デビューシングル「AROUND THE WORLD」の収録曲『SO LUCKY』をプロデュースし、プロデューサーとしての地位も固めている。
THE FACT|芸能チーム

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング