[2014KDA] 終わらない「星から来たあなた」の人気、年末授賞式まで続くのか

THE FACT JAPAN / 2014年10月2日 14時51分

俳優キム・スヒョンがグランプリを受賞したSBSドラマ「星から来たあなた」は、「2014 KOREA DRAMA AWARDS」で作品賞を含め全5部門でトロフィーを手にした。|キム・スルギ記者


SBSドラマ「星から来たあなた」が、「2014 KOREA DRAMA AWARDS」(以下、KDA)を総なめした。ドラマは終演して7ヶ月も経っているが、その人気はまだ続くものだった。
1日午後、慶尚南道(キョンサンナムド)晋州(チンジュ)市にある慶南文化芸術会館にて開かれた「KDA」で、「星から来たあなた」は、グランプリ:キム・スヒョン、男子新人賞:アン・ジェヒョン、ホットスター賞:シン・ソンロク、韓流ホットスター賞:キム・スヒョンなど全5部門のトロフィーを手にした。同作より高い平均視聴率を記録しているMBC週末ドラマ「私はチャン・ボリ!」は2部門受賞にとどまり、“星の独走”を止めることはできなかった。
「星から来たあなた」の大ヒットは予見されたことだった。キム・スヒョン、チョン・ジヒョンという男女主人公がみんなグランプリの候補にあがり、作品賞、作家賞(パク・ジウン脚本家)、演出賞(チャン・テユ監督)、男子優秀賞(俳優パク・ヘジン)、男子新人賞(俳優アン・ジェヒョン、イ・イギョン)、OST賞(Lyn、ヒョリン)など候補作が公開された12部門の中、7部門に候補として名を挙げた。

これに先駆けて行われた授賞式でも「星から来たあなた」の人気は証明された。今年5月に開催された「第50回百想芸術大賞」では、チョン・ジヒョンがTV部門大賞を、キム・スヒョンがTV部門男子人気賞を受賞した。
「星から来たあなた」の人気が長く持続している理由は、その波及力にある。400年間も地球に住んでいる異星人のト・ミンジュン(キム・スヒョン)が、韓流スターのチョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)と繰り広げるファンタジーロマンスストーリーは、韓国を越えて中国の動画サイトなどで高い視聴率を記録するなど“旋風”を巻き起こした。さらにアメリカのABCは、リメイク版の制作を決定し、来年パイロットバージョンを編成する予定だ。
「KDA」は、このような世界的人気を認め「星から来たあなた」に作品賞を与えた。またドラマのおかげで一躍注目を浴びたスターたちにもトロフィーを渡した。アン・ジェヒョンは新人賞を、ソシオパス(社会病質者)キャラクターを見事に演じたシン・ソンロクにはホットスター賞が与えられた。

ただキム・スヒョンが、ハ・ジウォン、チョ・ジェヒョンなどそうそうたる先輩役者たちを抑えてグランプリをとったことは、演技力だけをみて判断すると、やや意外なことかもしれない。しかし演技力のみならず、スター性と作品の成功を総合的に考慮した結果という事実は明白だ。
「KDA」で証明された「星から来たあなた」の人気はまだ終わっていない。12月に開かれるSBS年末授賞式でも受賞の可能性は高い。昨年12月18日から放送を始めたが、同月31日に開かれた「SBS演技大賞」では、候補作に挙がらなかったからだ。キム・スヒョンとチョン・ジヒョンは、今年末にもっとも強力なグランプリ候補だ。
一方、「2014 KDA」では、グランプリのキム・スヒョン、作品賞の「星から来たあなた」以外に、KBS1TVドラマ「鄭道伝」のチョン・ヒョンミン脚本家、tvN「応答せよ1994」のシン・ウォンホ監督がそれぞれ作家賞と演出賞を受賞した。演技部門ではJYJのジェジュンがMBCドラマ「トライアングル」で男子最優秀演技賞を受賞し、「私はチャン・ボリ!」のオ・ヨンソが女子最優秀演技賞を獲得した。また男子優秀賞はSBSドラマ「大丈夫、愛だ」のイ・グァンスが、女子優秀賞はSBS「ドクター異邦人」のカン・ソラが手にした。アン・ジェヒョンと一緒にMBCドラマ「悪賢い離婚女」のソ・ガンジュンが男子新人賞を受賞し、「応答せよ1994」のドヒ(Tiny-G)が女子新人賞の主人公となった。
「KDA」は1日から12日まで行われる「2014 KOREA DRAMA FESTIVAL」の開幕を知らせた。全16部門で地上波3社とケーブルチャンネル、総合編成チャンネルのドラマを対象に、最高の作品と役者たちを授賞した。
THE FACT|イ・ゴンヒ記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング