「技術者たち」キム・ウビンxイ・ヒョヌxコ・チャンソク、男たちのケミに熱い期待

THE FACT JAPAN / 2014年11月18日 16時0分

映画「技術者たち」の制作報告会が18日午前、ソウル・紫陽洞(チャヤンドン)にあるロッテシネマ建大(コンデ)入口店で行われた。写真は、映画の主演を務めるイ・ヒョヌ、キム・ウビン(中央)、コ・チャンソク。|取材映像キャプチャー


「ケミ=ケミストリー」最近韓国の芸能メディアらがもっとも使う新造語だ。ケミとはドラマや映画などの作品の中、主役たちのお似合い度を指す。男女主演の呼吸がピッタリと合うとき、主に“ケミが良い”と表現している。しかしその“ケミ”は男女主演だけに限らない。男と男、俳優たちがもっとも似合うときも“ケミが良い”という。「技術者たち」の主役、キム・ウビン(25)、イ・ヒョヌ(21)、コ・チャンソク(44)は並外れた“ケミ”を予告し、3人のチームワークは、映画に対する期待感を高めるに十分だった。
映画「技術者たち」(キム・ホンソン監督)の制作報告会が18日午前、ソウル・紫陽洞(チャヤンドン)にあるロッテシネマ建大(コンデ)入口店で行われた。会見には、演出を務めたキム・ホンソン監督を筆頭に、主役のキム・ウビン、イ・ヒョヌ、コ・チャンソクが出席して映画に関するさまざまなエピソードを打ち明けた。特にお互いに対する呼吸を語る3人は、現場を沸かせながら和気あいあいとした雰囲気を演出した。
まずキム・ウビンとイ・ヒョヌが、コ・チャンソクに対して絶賛をはじめた。ウビンは「先輩たちがいらっしゃるから作品を選ぶに迷いませんでした。特にチャンソク先輩がよく面倒をみてくれました。現場の雰囲気がよかったから、良い画が作られたと思います」と笑顔を浮かべた。これにチャンソクは「ウビンとヒョヌは、演技はもちろん礼儀正しくて謙遜な後輩たちです。初めて会ったときメールを送ったんですけど、“愛しています”と返事がきました。どう返したら良いのか悩んだ記憶があります(笑)。二人は普段もすごく良いエネルギーを持っています」と絶賛した。


※映像は、キム・ウビンが「セルカ(自撮り)がうまく撮れるコツ」を紹介する場面(映像URL:http://youtu.be/PNN2GmC-vmU)
愉快なトークは続いた。会見の司会を務めるパク・ギョンリムは「3人とも相性がすごく良さそうに見えますね」としながら「今までみたことのない“反転魅力”がもしあれば紹介してくれますか?」と質問。チャンソクは「ウビンは食べることが大好きなんです」と述べつつ「ご飯を本当にたくさん食べるんですよ。モデル出身だから果物とかが多いと思いましたけれども、食べても食べてもお腹が空くと言って、相当食べていましたね。事務所と家から食べさせてもらってないのかな?」と突っ込んで現場を沸かせた。これにウビンが「食べる楽しさは大きいです。なので運動をたくさんします。食べる楽しさを諦められないので運動するわけです(笑)」というと「今まで一番多く食べた経験は?」と聞かれ「大学時代に、学校近くにあるサムギョプサル屋で12人前のサムギョプサルと冷麺2杯を二人で食べたことがあります」と打ち明けて報道陣を驚かせた。
「3人が集まったらどんな話をしますか?」という質問には、チャンソクが少し迷いながら「よくふざけています。標的は主にヒョヌくんです。ヒョヌはタバコを吸わないですが、映画ではずっとタバコを吸う人物で出ています。それでタバコを吸うようになりました」というと、ウビンがヒョヌの顔をみながら「あれ?お前もともと喫煙者だったんじゃないの?」とからかって笑いを誘った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング