息子の物議 チャ・スンウォン、「作品に被害与えたくない」映画撮影強行!

THE FACT JAPAN / 2013年8月5日 15時52分

息子のチャ・ノアが未成年者性暴行の疑いで訴えられた中、俳優チャ・スンウォンは撮影中の映画の撮影を続けたいという意志を示した。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者] 自身の息子が未成年者性暴行事件に関与した疑いで提訴される中、俳優チャ・スンウォンの今後の活動に関心が集まっている。チャ・スンウォンは、現在撮影している映画を続行する計画だ。
チャ・スンウォンは現在、オ・ジョンセ、コ・ギョンピョと公演するチャン・ジン監督の映画「ハイヒール」を撮影している。映画関係者によると、チャ・スンウォンが個人的なことで作品に被害を与えるのではないかを心配しながらも、俳優としての役割を果たしなければならないという思いで撮影を続けているという。
チャ・スンウォンの息子であるチャ・ノアは、女子高生A氏を性暴行した容疑で訴えられた。1日、検察の発表によると、チャ氏はAさんの別れ通報に怒り、自身の祖父が所有する別荘でA氏を監禁して数回性暴行した疑いを受けている。
これと関連し、チャ・スンウォンは自身のSNSに謝罪文を掲載し、「俳優チャ・スンウォンである以前、情けない父としてまず心からお詫び申し上げます。すべての事実関係とは別として、現在物議を醸している息子の父親として道義的な責任を感じており、悲痛な思いを禁じ得ません。もう一度頭を下げて謝罪いたします」と明らかにした。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング