SM、INFINITEの所属事務所と“合併”発表!

THE FACT JAPAN / 2013年8月9日 18時46分

INFINITEの所属事務所であるWoollimエンターテインメントが、SMエンターテインメントと合併した。|© Woollim Entertainment


[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム] 東方神起、少女時代、SUPER JUNIORなどが所属するSMエンターテインメントが、グループINFINITE、Nellなどが所属するWoollimエンターテインメントと合併して、本格的なレーベル化を追進することになった。
9日、SMエンターテインメントグループは、報道資料を通じてこれを発表、「ユニバーサル・ミュージック、ワーナーミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメントなど。世界的なレコード会社がさまざまなアーティストを確保し、それぞれ性格が異なるレーベルを運営するように、SMエンターテインメントは、アジアを代表するメージャー音楽グループとして新たな跳躍を試み、その一環として本格的なレーベル化を追進することになった」と伝えた。
その始まりとしてグループ会社であるSM C&Cが、INFINITE、Nell、Tastyなどが所属するWoollimエンターテインメント(代表取締役社長 イ・ジュンヨプ)と合併し、既存SMエンターテインメントの音楽と差別化した独自的なWoollimレーベル(Woollim Label)を運営することに決定した。これにより今後Woollimレーベルは、音楽的には独自的な色を持ち、多様なミュージシャン及びアーティストらを排出する予定であり、SMエンターテインメント、SM C&C及びグローバル系列社との緊密な事業関係を通じてシナジーを創出することになる。
また、INFINITE、Nell、Tastyなど。Woollimレーベルに所属するアーティストのグローバル認知度と競争力を元に、SMエンターテインメントグループが保有した最高レベルのグローバル事業力とネットワークが融合される場合、SMグループ全体の売上及び利益構造が大きく改善されるという予想だ。SMエンターテインメントは、Woollimレーベルに対して、「SMエンターテインメントは、グローバル音楽の配給・流通及び付加産業を、SM C&Cはレーベル機能を担当する予定だ。これで事業構造と規模面で国際的な競争力を備え、世界のメージャー音楽グループらと堂々と競争できるアジア最大の音楽グループとして跳躍するはずだ」と期待を寄せた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング