「2013 MAMA」G-DRAGON 4冠王達成!EXOは今年のアルバム賞を受賞(総合)

THE FACT JAPAN / 2013年11月23日 12時27分

22日、香港で開かれた「2013 MAMA」で大賞を含め4冠王に輝いたBIGBANGのG-DRAGON。|© CJ E&M


22日、香港にあるアジア・ワールド・エキスポアリーナで開催されたアジア最大級の音楽授賞式「2013 Mnet Asian Music Awards」(2013 MAMA)では、歌王のチョー・ヨンピルが今年の歌賞、G-DRAGONは今年の歌手賞、EXOは今年のアルバム賞で、それぞれ大賞の栄光に輝いた。
同日午後8時(日本時間)からアジアをはじめ、北米、欧州、アフリカ、オセアニアの5大陸、計94ヶ国で同時生中継された(日本ではMnet動画、全国12劇場で生中継)「2013 MAMA」。
まずG-DRAGONは、「2013 MAMA」で今年の歌手賞(大賞)をはじめ、ベストミュージックビデオ賞、男子歌手賞、ベストダンスパフォーマンス男性ソロまでを獲得。4冠王を達成した。授賞式は終始、G-DRAGONの名前が呼ばれるたび1万人のファンらの歓呼の声に包まれた。授賞式が終わって行われた記者会見でG-DRAGONは、「うまく表現できないですけど、心の中では嬉しくてしょうがないくらいです。メンバーらとも久々にステージで楽しめましたので、もっと嬉しかったです。こうして海外で大きな関心をくださって、アーティストとして誇らしく思いますし、ステージでは涙が出そうにもなりました」と述べつつ、4冠王を達成したことについては、「嬉しいとしか言えないです。舞台にあがるたびに、すてきなコメントがしたいですけど、そこに立つと頭が真っ白になっちゃいます。とっても嬉しかったですし、夢のようでした。皆さんに大きな愛を受けていることが実感できる瞬間でした」と付け加えた。

ベストダンスパフォーマンス女子グループとスタイルインミュージック賞にはSISTARが、ワールドワイドパフォーマーと男子グループ賞はINFINITEが受賞、それぞれ2冠王を獲得した。

今年で5年目を迎えたMAMAは、海外のトップスターたちも参加し、授賞者としてまた韓国のアーティストたちとコラボステージを披露し、視線を集めた。スティーヴィー・ワンダーをはじめ、アーロン・クオック(郭富城)、コミックな歌とダンスでYouTubeのスターとなったノルウェー出身の兄弟デュオ・Ylvisも受賞者に名をあげ、ハリウッドスターのパリスヒルトンは授賞者として参加した。

K-POPスターと海外スターらとのコラボステージは新鮮な見所をみせた。2NE1のCLは、スウェーデン出身の女性デュオのIcona Popと並んでステージに上がった。“第2のPSY”と呼ばれるYlvisは、ヒット曲『The Fox』に続き、キュートな狐に扮したCRAYON POPとともに『パパパ』のステージでコミックなパフォーマンスを披露。Mnetの「スーパースター K5」の優勝者パク・ジェジョンと「スーパースターチャイナ」での優勝者ジュージャジャがともに熱唱した。授賞式の最後には、ポップの巨匠スティーヴィー・ワンダーが、SISTARのヒョリン、アーロン・クオックと幻想的なハーモニーで名曲『I Just Called to Say I Love You』を披露、感動と余韻を残した。
BIGBANGは各メンバーらのソロステージに続き、一つになったステージを披露。この日最も熱い声援に包まれた。T.O.Pの『DOOM DADA』は今回の授賞式を通じて初めてステージ披露され、SOLは『RINGA LINGA』、V.Iは『STRONG BABY』『LET'S TALK ABOUT LOVE』、G-DRAGONは『CROOKED』で会場のボルテージを絶頂まで上がらせた後、メンバー全員が揃って『FANTASTIC BABY』を熱唱。爆発的な歓呼が続いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング