INFINITE側、「交際は事実…エルを守るためだった」公式立場を発表

THE FACT JAPAN / 2013年11月26日 16時5分

INFINITEの所属事務所であるWoollimエンターテインメント側は、キム・ドヨンによる熱愛認めについて公式的な立場を伝えた。|スポーツソウルドットコムDB、キム・ドヨンTwitter


[スポーツソウルドットコム|イ・ゴニ記者] INFINITEのメンバー・エル(実名:キム・ミョンス)と、韓国のネットショッピングモール・バッドドールの代表を務めるキム・ドヨンの熱愛説について、エルの所属事務所が公式立場を発表した。
INFINITEの所属事務所であるWoollimエンターテインメントは26日午後、公式ホームページを通じて「9月、エルとキム・ドヨンさんの熱愛説が浮上された時、二人は4ヶ月ほど交際中でありました。当時エルは交際を認めるつもりだったですが、当社は所属アーティストを保護するために、交際事実を率直に認めませんでした。このことについて深くお詫び申し上げます」という謝罪文を発表した。続いて「二人は9月に熱愛説が報道された後、世間の関心とINFINITEのワールドツアー日程が重なったことで、一度も会うことができず、関係も疎遠になったと知っています。今回のことでエルとキム・ドヨンさん、そしてファンの方々がどうか傷つくことがないように、所属事務所として最善を尽くして仲裁し、努力します」と付け加えた。
エルとキム・ドヨンは今年の9月に、韓国のオンライン・コミュニティなどで、ディスカウントストアでデートする姿を捉えた写真が掲載され、熱愛説が浮上した。当時エルの所属事務所は二人の関係を強く否定した。

しかし今日(26日)の午前、キム・ドヨンが自身のTwitterに「熱愛説が報じられて、Woollim側からのお願いがあったので、当時は釈明しませんでした。しかし物質的に精神的に被害が大きくなるばかりで、これ以上はじっといられない状況まで至りました。悪質コメントを残したネットユーザーたちは、これから告訴するつもりです」というつぶやきを掲載した。続いては「相手の職業の特性上、恋愛を認めなかったこと、あまりにも自由に恋愛したことについては、私自身も叱責を受けて当然だと思いますが、20代である私たちが恋愛したことで、一人の女性がすべての生活に支障が生じるくらいネット上に個人情報を載せ、同名異人にまで被害を与えてしまうくらい、私が大きな過ちを犯したとは思っていません。私も人間ですし苦しむだけ苦しんで、辛い思いをしました。これ以上私の家族、友人たちに、そして私に虚偽事実と悪口をいうなら、すべての力を動員して最大限厳しく対応します」と告訴する旨を示した。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング