リュ・シウォンに残した裁判官の言葉、何がそんなに悔しいですか?!

THE FACT JAPAN / 2013年11月30日 10時29分

29日午後、ソウル中央地方裁判所で行われたリュ・シウォンの離婚訴訟の控訴審宣告公判で、裁判所は、リュ・シウォンに罰金700万ウォンの刑を宣告した。|イ・セロム記者


[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者] 「リュ・シウォンは自身の無実だけを主張している。徹底した自己反省の時間が必要だ」
イ・ジョンオン裁判長の冷たい声が裁判所に響いた。終始淡々とした表情で法廷に立って裁判所の判決を聞きた俳優リュ・シウォン(41)も、裁判長の手厳しい忠告に頭を下げた。

29日午前10時40分、ソウル瑞草区(ソチョ・グ)のソウル中央地方裁判所第5刑事部422号でイ・ジョンオン裁判長の主宰でリュ・シウォンの控訴審宣告公判が開かれた。この日、リュ・シウォンは、黒のスーツをきちんと着て弁護人や知人らなどと一緒に登場した。彼は、自分に注がれた人々の視線に淡々とした表情を浮かべながら自分の順番を待っていた。取材陣も、裁判の開始前に鋭敏になる彼に何の質問もしなかった。裁判所はリュ・シウォンに1審での判決をそのまま適用し、罰金700万ウォン(約67万円)の刑を宣告した。この判決は、被告人と検察側が8日に開かれた控訴審で懲役8月を求刑した控訴を棄却した判決で、妻のチョ氏には不満足な結果であった。終始自分の無罪を主張したリュ・シウォンも、懲役は免れたが、満足する結果ではない。
裁判所は、1審の判決をそのまま宣告した理由について詳細に説明した。裁判所は「妻チョ氏が提出した録音内容を見ると、リュ・シウォンが妻を暴行したという根拠は不足。しかし、録音内容でチョ氏の声が急激に萎縮している部分、リュ・シウォンがチョ氏を強く追及する部分、人の肌と肌がぶつかる音などでチョ氏を暴行したことを推測することができる」とし、「普段リュ・シウォンの性格をよく知っているチョ氏が早朝の時間で、しかも8ヶ月の娘だけが家にいる状態で、語気を強めるリュ・シウォンに反論することは難しかったと思われる」と説明した。
裁判所は、特にリュ・シウォンが妻チョ氏を一貫して非難し、自分の過ちを認めていない部分を大きく指摘した。裁判所は、「リュ・シウォンは、夫婦喧嘩をしながら妻チョ氏に言った言葉が夫婦の間でできる言葉だと主張するが、リュ・シウォンの言葉は、チョ氏に物理的な暴行よりも大きな心の傷を与えた」と強い口調で述べた。裁判所は引き続き、「妻の車にGPS(位置情報機器)を取り付けてリアルタイムで監視したことも決して正当化できない行為だ」とし、「自分自身の罪は大したことではないと思ったら、解決策は出られない。夫婦の間でのことを裁判所ですべてを解決しようとすることも、適切ではない」と説明した。
裁判所は最後にリュ・シウォンに、「被告人が、夫として、娘の父として、どんなに家庭に忠実したのかを考えてほしい」とし、「離婚後に自分の子供を育てるかもしれないチョ氏の私生活を公に暴露した点も反省しなければならない。徹底した自己反省の時間が必要だ」と付け加えた。イ・ジョンオン裁判長の言葉が終わると、人々の視線はリュ・シウォンの顔に集中した。彼の淡々とした表情は歪んでいった。頭を下げた彼はため息を吐きながら、裁判場を去った。トイレに入ったリュ・シウォンはしばらくの間に出なかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング