[SSphoto] 新ドラ「総理と私」の主役たち

THE FACT JAPAN / 2013年12月4日 21時1分

4日、ソウルのグランド・アンバサダーソウルホテルでは、KBS2TVの新月火ドラマ「総理と私」の制作発表会が開かれた。写真は、ドラマの主役を務めるユン・シユン、ユナ、イ・ボムス、チェ・ジョンアン、リュ・ジン(左から)。|チェ・スンソプ記者


[スポーツソウル|チェ・スンソプ記者] 4日、ソウルのグランド・アンバサダーソウルホテルでは、KBS2TVの新月火ドラマ「総理と私」(脚本:キム・ウンヒ、ユン・ウンギョン、演出:イ・ソヨン)の制作発表会が開かれた。
ドラマ「総理と私」は、韓国の実力派俳優のイ・ボムス(43)と、女優としても高い人気を集める少女時代のユナ(23)が、初めての共演に挑んだ作品。韓国建国以来の最年少総理となるクォン・ユル(イ・ボムス)が、7年前に交通事故で妻を失ってから、3流芸能雑誌の熱愛担当記者 ナム・ダウン(ユナ)と絡み合うことになり、二人は20歳という年齢差を乗り越えた恋に落ちてしまい、全国民の前で公開恋愛をすることになる。やがてダジョンは、首相の夫人になって身分が上昇。国務総理クォン・ユルとのロマンスを描いていく。(12月9日、韓国のKBS2TVより初放送)

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング