VIXX、「ミュージックバンク」でデビュー後 初の1位を獲得!

THE FACT JAPAN / 2013年12月7日 14時38分

6人組のボーイズグループVIXXが、6日放送されたKBS2TV音楽番組「ミュージックバンク」で、デビュー後 初となる1位を記録した。|KBS2TV「ミュージックバンク」放送キャプチャー


[スポーツソウルドットコム|ソン・ジヨン記者] 6人組のボーイズグループVIXX(ヴィックス:エン、レオ、ケン、ラヴィ、ホンビン、ヒョギ)が、デビュー(2012年5月24日シングル『SUPER HERO』でデビュー)以来初めて、音楽番組での1位を獲得した。
VIXXは、6日放送されたKBS2TV「ミュージックバンク」で、1stフルアルバム「VOODOO」のリード曲『呪いの人形』で、ヒョリン(SISTAR)の『あなたしか知らない(One Way Love)』とともに1位候補に上がった。1位発表の瞬間がくると、VIXXのメンバーらは緊張の表情を隠せず、『呪いの人形』が1位と発表されると、メンバーの皆は驚きの顔とともに熱い涙を流した。トロフィーを手にしたVIXXは、「ファンの方は、この日が来ることを心から待ってくださいました。長らくお待たせして申し訳ありませんでした!」と嗚咽した。続いて「事務所の家族に本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えた。12月第1週目「ミュージックバンク」の1位となったVIXXの『呪いの人形』(ハングルタイトル:저주인형 チョジュイニョン)は、愛のために自分が呪い人形となって自身を犠牲するという歌詞と、ロックビートに強烈なサウンドが際立つダンスナンバー。
一方、この日の「ミュージックバンク」には、VIXXをはじめ、EXO、miss A、T-ARA、CRAYON POP、Nine Muses、Noel、ホ・ガク、M.I.B、RUSH、San E、シン・ボラ、J-Walk、NC.A、Tasty、ペク・スンホン、100% V、HEYNE、TREN-Dが出演、華麗なステージを繰り広げた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング