Trouble Makerをめぐる悪質デマに、所属事務所が法的対応予告

THE FACT JAPAN / 2014年1月10日 20時13分

Trouble Makerのチャン・ヒョンスン(左)とヒョナ。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム| eニュースチーム] 人気男女ユニットTrouble Maker(ヒョナ、チャン・ヒョンスン)と関連した悪性デマが10日、韓国のネット上で急速に拡散しており、二人の所属事務所が、法律的な対応を予告した。
最初の流布者は、「私も記者だ」というスマートフォンのアプリケーションを使って、「ヒョナが、チャン・ヒョンスンの子供を妊娠して、最終的には子供を生んで育てることに決めた」という内容のデマを流布した。また、「所属事務所は、ヒョナとチャン・ヒョンスンの関係を認めており、この事態に二人も反省している」と、とんでもない内容を主張した。
Trouble Makerの所属事務所であるCUBEエンターテイメントは同日、<スポーツソウルドットコム>の取材で、「『私は記者だ』というアプリケーションで作成されたデマが、まるで実際の記事のように出回っている。本当にとんでもない話が、今SNSなどを通じて無差別に拡散している。もうこれ以上耐えられない状況だ」と述べた。続いて「所属事務所が認めた」という主張に対して「事実無根だ!近日中に名誉毀損の疑いで警察に告訴する予定だ」と明らかにした。

警察の捜査で最初流布者が逮捕されると、どのような処罰を受けるのか。現行の情報通信網法は、他人を誹謗する目的で、インターネット上で公然と虚偽の事実を流布して名誉を毀損した者に、3年以下の懲役または2000万ウォン(約200万円)以下の罰金に処することができる。特にヒョナ、チャン・ヒョンスンのように、完全な虚偽事実を流布した場合は、7年以下の懲役または5000万ウォン(約500万円)以下の罰金刑を受ける可能性もある。
一方、Trouble Makerの悪性デマに、ネット民たちは「あんなバカな話、いったい誰が作ったんだ?」「よっぽど暇な人間だな…」「これはかなり酷い」「必ず処罰してください!」「二人は大丈夫かな….」「ヒョナ、ヒョンスン、頑張って!」など、さまざまな反応を寄せた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング