キャンプシーズン到来!『BE-PAL』女性編集に聞いた、女子にオススメのキャンプ場5つ

Suits-woman.jp / 2019年3月30日 9時0分

写真

キャンプシーズン到来!『BE-PAL』女性編集に聞いた、女子にオススメのキャンプ場5つの画像

まもなく外遊びが楽しいシーズンが到来しますね。今年は少し足を伸ばして、キャンプデビューをしてみるのはいかがでしょうか。最近のキャンプ場は、きれいで快適が当たり前。「トイレが汚くて無理!」なんていうのは昔の話です。初心者向けにレンタルが充実していたり、施設内に温泉があったり、ホテルのように泊まれる場所もあります。「キャンプはハードルが高いな…」と思っていた人も絶対キャンプに行きたくなる、女子にとってオススメのキャンプ場をアウトドア専門誌『BE-PAL』の女性編集さんに教えていただきました。

さまざまなスタイルのキャンプに対応。憧れのツリーハウスにも泊まれる!北軽井沢スウィートグラス

「北軽井沢スウィートグラス」は、キャンプサイト環境のバリエーションが豊富で草地、林間、電源付き、ハンモック付きなど17タイプから選べます。景色と施設の充実さを楽しみたい人から支持されているキャンプ場です。なかでも「浅間ビューサイト」は浅間山を一望できるとあって人気のサイトになっています。

女性やファミリーにも支持されている、北軽井沢スイートグラス。

もちろんトイレは水洗で、炊事場もお湯が使えるので洗顔や歯磨きも苦なくできますよ。

また宿泊棟の種類が豊富なのも人気のヒミツ。ツリーハウス作家、稲垣豊さんの手によりリニューアルされた「ツリーハウス・マッシュルーム」は、自然素材が多用されていて、壁も漆喰。内装はキノコがモチーフになっていて、まるで童話の世界に紛れ込んだ気持ちになれますよ!

「ツリーハウス・マッシュルーム」

レンタルも充実していて、宿泊棟もかわいらしい施設が多いので女子だけで行きたい! という人にぴったりのキャンプ場です。

北軽井沢スウィートグラス
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512
https://sweetgrass.jp/

星空露天風呂が楽しめる、ちょっとリッチなキャンプ体験 藤乃煌 富士御殿場

キャンプで近年、注目が集まっているのが「グランピング」です。これは「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語で、ラグジュアリーなキャンプのこと。海外発祥ですが、日本でもすっかり浸透し施設も続々と増えています。その中から2018年にオープンしたばかりの「藤乃煌 富士御殿場」をご紹介。

藤乃煌 富士御殿場

オリジナルのコンテナ型キャビンが特徴で、ベッドルームとリビングルームのふたつのコンテナをつなぐウッドデッキには、テント生地の開閉式の天井が備わっていて晴れた日には星空の下で食事が楽しめます。奥にはバスタブもあるので、満天の星を眺めながらお風呂を楽しむなんてことも! 

解放感あふれるコンテナ型キャビン。

食事は地元食材が中心。ルームサービス形式のフルサービスか肉だけを自分で焼くハーフ調理スタイルから選べます。スープや海鮮もついて、充実の内容です!

地産地消のBBQ!

ウッドデッキ前には焚き火台が常設。薪は宿泊料金に含まれているので、キャンプならではの焚き火を存分に楽しんじゃいましょう!

料金が1人3万3,480円~と少々高めではありますが、ホテルのようなサービスとアウトドアを両方楽しめると思えば、体験してみる価値ありですよ。

藤乃煌 富士御殿場
住所:静岡県御殿場市東田中3373-25
TEL:0550-75-9111
https://www.fu-ji-no.jp/kirameki/

富士山を目の前に極上のローカルフードを堪能できる!PICA Fujiyama

キャンプの楽しみといえば、アウトドアごはん。とはいってもいきなり自分達で準備するのは大変ですよね。でも大丈夫。今はキャンプ場に食事を予約することもできるんです! 2018年7月にオープンしたばかりの「PICA Fujiyama」では、甲州富士桜ポークや甲州ワインビーフ、甲州サーモンなど富士山麓食材を使った食事の予約が可能。自分達で食材を準備しなくてもゴージャスなバーベキュー体験ができます。

富士山麓の食材をいただきましょう!

宿泊もオリジナルのドームテントで楽しむグランピング、お風呂やキッチンがついたコテージ、テント泊から選べ、初心者でも気軽に利用できます。

オリジナルのドームテント。

なんといっても富士山を望む絶好のロケーションは見逃せません! 朝晩で表情を変える富士山の姿を眺めながらゆっくりと焚き火を楽しむのがオススメですよ。

いつものキャンプにマンネリを感じている人は、新しいスタイルが味わえるはずです!

PICA Fujiyama
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
TEL:0555-30-4580(PICAヘルプデスク)
https://www.pica-resort.jp/fujiyama/

キャンプライフクリエイターが常駐。何でも教えてもらえる 青川峡キャンピングパーク

テントの立て方、焚き火のおこし方、料理の仕方などなど、キャンプをしようと思ってもわからないことが多いですよね。そこで紹介したいのが「青川峡キャンピングパーク」です。ここにはキャンプライフクリエイターが常駐していて、道具の使い方でわからないことがあれば、何でも教えてもらえます。

青川峡キャンピングパーク。

レンタルも充実していて、地元産ブランド豚の4つの部位が味わえる「さくらポーク食べくらべセット」の予約(5日前まで)もできます。こだわりのアウトドアギアの販売もしていて、ビギナーへのサポートはバッチリです。

さくらポーク食べ比べセット。

10人程度が入れる男女別の内風呂もあり、コインシャワーやコインランドリーも備わっています。

青々とした芝生の中、木漏れ日や近くを流れる川からの心地よい風を感じられる極上のキャンプ場です!

青川峡キャンピングパーク
住所:三重県いなべ市北勢町新町614
TEL:0594-72-8300
https://www.aogawa.jp/

充実の設備に温泉付き!女性からの支持高し 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

県が保有する広大な自然公園の一角にあるのが「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」です。炊事場でお湯が使えるのはもちろん、トイレは温水洗浄便座、バリアフリーのキャビンもあります。洗面スペースも独立しているので、身だしなみを整えるのも楽ちんです。混雑時には1日に4、5回掃除をしているとあって、女性利用者のリピート率が高いのもうなずけます。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ。

最近は食材とアメニティーさえ準備するだけでOKのエアストリームにキャンプデビューの記念に泊まる人が増えているそうですよ。

一度は泊まってみたい!エアストリーム。

なによりも魅力的なのは、施設内に温泉があること!30人ほどが入れる広々スペースで、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

予約が始まると、すぐに埋まってしまう大人気キャンプ場なので予定を決めたらすぐに予約を! 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
TEL:0295-79-0031
http://www.greenvila.jp/

☆☆☆

ご紹介した5か所以外にもオススメのキャンプ場が知りたい!という方は発売中の『ほんとうに気持ちいいキャンプ場』をチェック!

『BE-PAL』編集部が責任をもって厳選した100か所のキャンプ場をビギナー向け、グランピング、地元食材の充実など10のカテゴリ別にご紹介。気になる施設やサービスなどアイコン化し、ひと目でわかるようになっています。モデル料金も掲載しているので、予定も立てやすい! 行きたいキャンプ場が必ず見つかる一冊になっています。1300円+税

『ほんとうに気持ちいいキャンプ場100』(小学館)

https://www.shogakukan.co.jp/books/09104239

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング