【ドラッグストアの薬剤師に教えてもらいました】私の便秘に効く薬を教えてください!

Suits-woman.jp / 2019年4月22日 12時0分

写真

【ドラッグストアの薬剤師に教えてもらいました】私の便秘に効く薬を教えてください!の画像

女性の永遠の悩みといっても過言ではない便秘。どうにかしたくて、いろいろ試しているのになかなか改善しないのが悩み。原因は人それぞれ。まずは自身でできる対策をした上で、それでもやっぱり便秘のときに効果が期待できるのはどんなお薬? ココカラファインの薬剤師さんに聞きました。

ココカラファイン荻窪南店の三谷香織さん。薬剤師歴10年。「ときどきダイエットに挑戦しています」

自分の便秘の原因を知ろう

便秘解消の第一歩は、便秘する原因を知ることです。

たとえば、行きすぎたダイエット。食事の栄養のかたよりに加え、食物繊維、水分、油分の不足。そもそも食べる量が少なければ、便の量も少なくなります。または運動不足。腹筋が少なく腹筋力が弱いことも便秘の一因かもしれません。自分がどのタイプか知るのはむずかしいのですが、思い当たるところ、ありませんか?

腸は自律神経によって動くので、ストレスによって自律神経の働きに影響が出て、腸の働きが鈍ることがあります。便秘になると腸からの栄養吸収も悪くなりますし、免疫機能も下がると言われています。腸が正常に働くことで疲れにくい体をつくり、美肌をつくり、ダイエットの成功にもつながっていくのではないでしょうか。

乳酸菌で腸内環境を整えよう

そこでまず良い菌をしっかり補って、腸内を良い状態に保つお薬を。

「新ビオフェルミンS錠」(ビオフェルミン製薬)

「新ビオフェルミンS錠」(ビオフェルミン製薬)

これは医薬品ではありません。「ビフィズス菌や乳酸菌の整腸剤」です。便秘やお腹がゆるい人、腸内フローラ(腸内細菌のバランス)が気になる人に、はじめにおすすめしたい医薬部外品です。

「ザ・ガード整腸錠コーワα3プラス」(興和)

整腸成分だけでなく、今あるトラブルを解消する医薬品成分が入っているのが「ザ・ガードコーワ整腸錠α3プラス」です。ビフィズス菌、乳酸菌のほか、納豆菌も入っています。この3つの菌は働く場所が違います。ビフィズス菌や乳酸菌は小腸の後半から大腸を中心に働きかけますが、一方の納豆菌は小腸から大腸の前半にかけて働きかけます。両方で、小腸から大腸までカバーしている点が特徴です。

また、お腹の張りを取ってくれる成分(ジメチルポリシロキサン)が入っています。今ある膨満感の解消に効果があります。

胃薬の成分も入っています。便秘になる原因のひとつに、胃の調子が悪く、きちんと消化し切れないことで腸に負担をかけてしまうことがあげられます。「ザ・ガード」には胃の働きをよくする成分、荒れた胃の粘膜を修復する成分も配合されています。胃の調子が悪い、胃がもたれる、そして便秘……という人にはこれ1本で胃と腸、両方のケアができます。

慢性の便秘に効く薬には2つのタイプがある

腸内環境だけでは解消しなかった便秘にはいわゆる便秘薬です。大きく2つのタイプがあります。大腸を刺激するタイプと、大腸内の水分を増やして便を軟らかくするタイプです。

右上「3Aマグネシア」/右下「コーラック」/左上「オイルデル」/下中央「コーラックファイバー」/左下「ウィズワンエル」

大腸を刺激するタイプ「コーラック」(大正製薬)

ひとつは、大腸を刺激して、収縮させることで便を絞り出すタイプ。市販薬ではビサコジルという成分が有名です。「コーラック」(大正製薬)がこのタイプです。夜、寝る前に飲むと、翌日の朝からお昼にかけて排便が促されます。

このように効果が出るのは早いのですが、腸を収縮させるので人によっては痛みが出やすい薬でもあります。また、いったん薬で改善しても、その後また便秘を繰り返し、薬を飲みつづけることでだんだん効きにくくなり、量が増えていくという悪循環にも注意が必要です。

添付文書に書かれていますが、いったん改善が見られたら、その後は服用間隔を少しずつあけて薬を飲まずに排便できる状態に戻していくことが大切です。

水分でやわらかくするタイプ「3Aマグネシア」(フジックス)

酸化マグネシウムを使って大腸に水分を集め、便をやわらかくすることで出しやすくするタイプです。上の大腸刺激タイプと比べると効き目がおだやかでクセになりにくいです。

そのほか、繊維質で便をふくらませるタイプがあります。

繊維質でふくらませる「ウィズワンエル」(ゼリア新薬)

繊維質によって便を膨らませて出しやすくするお薬です。食物繊維であるプランタゴ・オバタ種皮末、優しく腸を刺激するセンノシドといった生薬を配合しています。これも比較的お腹がいたくなりにくく、クセになりにくい方のお薬です。

繊維質とビタミンB6を配合「コーラックファイバー」(大正製薬)

コーラックブランドのひとつ。生薬のプランタゴ・オバタ種皮末、ケツメイシ、センノシドのほか、便秘にともなう肌荒れ、吹き出物を防ぐビタミンB6を配合しています。

まとめとして、一般的にビサコジルによる大腸刺激タイプのほうが早く、良く効きます。ただしお腹がキリキリしやすいという面もあります。お腹が痛くなりやすい人には、酸化マグネシウムや繊維質を使ったお薬を使うと、より自然に近い排便を促すことが出来ます。

オイルでやわからくする新タイプ

ダイエット中の女性には、油ものを絶対食べないという人がいらっしゃいます。栄養がかたよるだけでなく、油分が極端に足りなくなると、便も硬くなってしまうんですね。イメージとしては潤滑油が足りなくて、便もカチカチに固まってしまう感じです。ここに着目したお薬があります。

潤滑油を補う「オイルデル」(小林製薬)

生薬由来のオイル成分と、水分を便に補給する成分が配合された薬です。出口付近で固まった便をオイルでコーティングしてツルンと出す、そんなイメージです。腸への刺激が少ないので、お腹が痛くなりにくいお薬です。

毎日飲みつづけると効果が減少

慢性便秘で、“飲まないと気が済まない”という方がけっこういらっしゃいます。プラセボ効果の部分もあると思いますが、飲みつづける状態は決していいことではありませんね。生活習慣の改善が第一だと思います。

また、薬を1瓶(1箱)飲んでまだ便秘が改善しないようなら、腸内環境が整わない理由、別の原因が潜んでいる可能性もあります。大腸検査を受けるなど、治療することを考えてみてください。

ココカラファイン荻窪南店

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング