UVケア、ちゃんとしてる?知っているようで知らない紫外線の影響

Suits-woman.jp / 2019年7月29日 17時0分

写真

UVケア、ちゃんとしてる?知っているようで知らない紫外線の影響の画像

夏もいよいよ本番ですが、夏といったらやっぱり気になるのは日焼け。夏になるとUVケア用品なども多く市場に出回りますが、一方で、小麦色の肌がもてはやされたり、日焼けサロンでわざわざ焼きに行く人もいたりします。そもそも日焼けって、そんなに体に影響があることなのでしょうか?また、UVケアはどんな意味があるんでしょうか?意外と知らない日焼けやUVについて具体的に知識を深めていきましょう。

日焼けするとシミやシワになる?その原因は紫外線

日焼けすると肌がシワになりやすいといいますが、なぜ日焼けで肌がシワになるのでしょう。実はこの原因になっているのは紫外線です。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、活性酸素により肌の真皮層の7割を占める肌のコラーゲン繊維にダメージが加わります。このダメージによりコラーゲン繊維は不自然な結びつきが増え、新陳代謝が悪くなるという老化現象=光老化が出てしまうのです。そして、紫外線が多く含まれているのが強い日差し。つまり、日焼けをする=紫外線を浴びるというわけなんですね。紫外線を浴びることで古くなってしまったコラーゲン繊維は水分を保持する力も少なく、そのため肌の表面にシワやたるみが生じることにつながります。

関連記事:美容ジャーナリストが指南!オフィスでの紫外線対策、どこまでやるべき?窓際は要注意?はコチラ

日焼けをして肌が赤くなるのを「サンバーン」と呼びます。誰もが一度はこういう体験をしたことがあると思いますが、実はこれはれっきとしたやけどです。強い日差しを受けて皮膚が炎症しているのです。昔は日焼け止めなどの意識も低く、学校のプールの時間では、日焼け止めクリームやラッシュガードなども着ることができなかったので、当たり前のようにみんな肌がヒリヒリする体験をしてきました。そのため、今でもサンバーンに対して軽く考えている人も多いようですが、サンバーンはひどくなると水ぶくれになり、跡が残ってしまうことも。肌のダメージも大きく、肌への害も甚大です。

その後に肌が黒くなるのを「サンタン」と呼びます。なぜ肌が黒くなるのかというと、紫外線から肌を守るために皮膚のメラノサイトという細胞が紫外線を吸収する黒い色素・メラニンを生成するからです。だから、日焼けをするとメラニンが働き、肌を黒くしてそれ以上肌の深部に紫外線が入り込むのをガードします。作られたメラニンは肌の新陳代謝とともに角質へと押し出され、最後には皮膚から剥がれ落ちるのですが、紫外線を多く浴びるとメラニンの生成量が多くなり、ターンオーバーに合わせてすべてを古い角質として剥がれ落とすことができなくなります。そして、それらがシミになって残ってしまうというわけです。また、この肌の新陳代謝が衰えると、シミになる量が増えてしまうということがあります。

UVケアはどうするのが効果的?

肌のためには何よりも日焼けしないことが一番です。日焼けをしないためには、UV(紫外線)ケアが大事になります。もっとも身近なUVケアとしては、日焼け止めクリームでしょう。利用シーンなどによって、SPF値やPA値など細かく分けられていますが、大事なのは自分にとって付け心地がいいこと、日焼けしないためには何度も塗りなおすことが一番効果的なので、細かい数値よりもまずは一日に何度塗っても不快感のないものを選びましょう。また、最近は専用クレンジングを使わずにせっけんで落とせるものも出ているので、日焼け止めクリームを落とすときの負担感の少ないものも同時に考慮するといいでしょう。

関連記事:強い日差しに負けない!コスメコンシェルジュが教える正しいUVケア はコチラ

日傘の数値には意外なからくりが?90%ではまだ足りない?

UVケアでは日傘もかなり有効です。ですが、日傘を買うときには注意が必要です。「UVカット傘」「遮光率90%以上」「遮光率99%」「遮光率99.99%」「完全遮光」などの日傘が売られていますが、よく見るのが遮光率90%以上です。一見、ほとんど遮っているから大丈夫と思いがちですが、「遮光率90%以上」「遮光率99%」ではその差は雲泥の差だとか。1%の紫外線でアレルギー症状が出る人がいるぐらい、紫外線のエネルギーは大きいといいます。一番いいのはやっぱり完全遮光です。ですが、完全遮光になると種類も少なく、価格も高めになってくるので、ちょっと悩むところです。妥協点として「遮光率99%」ぐらいは最低限あるものにしましょう。

できるだけ直射日光に当たらないよう、日傘を持ち歩きましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング