結婚式や二次会は出会いの大チャンス……一番のねらいは二次会・三次会!座る席が運命の分かれ目に?

Suits-woman.jp / 2019年7月24日 8時0分

写真

結婚式や二次会は出会いの大チャンス……一番のねらいは二次会・三次会!座る席が運命の分かれ目に?の画像

新郎新婦の幸せをお祝いするために出席する結婚式。しかしその一方で、ひそかに男女の出会いの場として期待している人も、少なくないのではないでしょうか?

実は株式会社ワイズが行なったアンケート「結婚式や二次会での出会い事情」によると、男女含め全体の61%が「結婚式や二次会に出会いを期待したことがある」と回答。結婚する人の幸せをお祝いしながらも、半数以上が自分の出会いを期待していたのです。

少ないながらも、親族関係の結婚式で出会う強者も!

とはいえ一口に結婚式といっても、友人関係から親族関係、さらには会社関係などさまざまな関係性があります。親族関係だと両親や身内がいるのでなかなか出会いにはつながりにくい印象がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?そこで同調査ではこれまで結婚式や二次会で出会ったことがある人200名のうち、実際に出会ったことのある結婚式での関係性についてを調査。結果は次の通りとなりました。

親せきも上司もいない友人関係の結婚式は、出会いの大チャンス!

やはり圧倒的に多いのは「友人関係」。親族関係や職場関係でも少数ながら存在していましたが、具体的にどうやって出会ったのでしょうか?そこで、それぞれの具体的な出会いエピソードをご紹介します。

友人関係

お酒も進んできた頃、ゲームや余興を見ながら新郎側の友人と話すことになったり、友達の友達などで紹介されたりとくだけた雰囲気のなかでだんだん仲良くなっていった。(20代女性)

職場関係

会社先輩の結婚式の余興を担当しました。お相手の友人の方と何回か打ち合わせをして、余興の準備を一緒にやることになったので、その時は頻繁に会う回数も増えました。結婚式後も、新郎新婦交えてのお疲れ様会などをして交流を深めました。(30代女性)

親族関係

レストランウエディングだったので、兄側の親族、お手伝いも兼ねて参加していました。そのお陰で、兄の学生時代からの友人と交流ができ、二次会にも誘ってもらい、仲良くなれました。(40代女性)

兄の結婚式にてスピーチをした男性へ少し好意をもったことがあります。1番の仲良しさんだったみたく、その人の性格柄、私の両親が席を外して1人になってしまっていたところ、ずっと横についていてくれました…!(20代女性)

結婚をする男兄弟の友人は、案外ねらい目かもしれませんね!

二次会三次会はある意味合コンと同じ?

また結婚式や二次会で実際に出会った人は、どんな場面で出会ったのでしょうか?その具体的なシーンについての調査結果は、以下の通りとなりました。

ひそかに一定数存在する、喫煙所の出会い。禁煙全盛のご時世、喫煙者というだけで妙な仲間意識が生まれるのでしょうか。

一番多いのは「2、3次会での席が近かった」。結婚披露宴ではなく、あくまでも2次会か3次会。2次会に行なわれることが多い「ゲームなどの余興で」の回答を含めると、出会いの多くはほとんど2次会か3次会で生まれるといえそうです。

さらに実際に出会った時のエピソードも紹介します。

2、3次会での席が近かった

友人の結婚式の二次会で席が近かった男性に話しかけられました。友人との出会いなどを話しているうちに、自分たちの話になりました。話が盛り上がり、そのまま連絡先を交換しました。(20代女性)

新郎の友人として参加した結婚式の二次会でたまたま隣になった方と話していたら、色々な共通点があり、その場で意気投合して、その後ご飯など遊びに行くようになりました。(20代男性)

2、3次会は披露宴とは違って席次もなく、自由に座ることができます。それだけチャンスが多いようです。

ゲームなどの余興で

お姫様抱っこゲームで、抽選で選ばれました。パートナーだった男性とペアを組み優勝しました。そのあと、終わりがけに連絡先を聞かれました。(20代女性)

受付

受付を頼まれて、相手側の受付の人たちとサプライズ企画をすることになり、打ち合わせで会う回数が増え、自然と結婚式の打ち合わせ以外で会うようになった。(30代女性)

受付に名前を書いている時に「あ、一緒の学校だったんですか?僕は同僚で……」などと話しかけてくる。(30代女性)

受付には相手側の人と打ち合わせなどで仲良くなるのが黄金パターンかと思いきや、まさかの受付で名前を書いている人に話しかけるパターンもあるようです。

女性は出席する際、最大限にオシャレをしていることが多い結婚式。勝負の場としては最適です。

大切な人の幸せをお祝いする場で、ついでに自分も幸せをつかむ。そんな幸せがあっても悪くはありません。とはいえ結婚式の主役はあくまでも新郎新婦。それを忘れずにいてくださいね。

【調査概要】
調査主体:株式会社ワイズ
調査対象:結婚式や二次会に参加したことのある20~49歳男女100名、結婚式や二次会で出会ったことのある20~49歳男女200名
調査期間:2019年6月11日~6月14日

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング