チーズ好きな都道府県ランキング!上位3県に見られる共通点は……!?

Suits-woman.jp / 2019年8月5日 8時0分

写真

チーズ好きな都道府県ランキング!上位3県に見られる共通点は……!?の画像

パスタやリゾット、サラダなどの料理を引き立てるだけでなく、ワインのお供にそれだけでも美味しさを味わえるチーズ。暑い夏はビールや枝豆と一緒に、寒い季節はチーズフォンデュなんかも美味しいですよね。冷蔵庫に常備している堅実女子も多いのではないでしょうか。

楽天株式会社が実施した「チーズに関する調査」によると、なんと回答者の過半数を超える人が週に一回以上はチーズを食べていることが判明!詳しく見ていきましょう。

味、栄養面、手軽さとさまざまな面で魅力的なチーズ。他の人はどう楽しんでいる?

味だけでなく、栄養面に注目する人も!

チーズが多くの人たちに愛される理由はどこにあるのでしょうか?

・健康に良さそうだし、味も好みです。
・そのまま食べても美味しいし、料理に使っても美味しい。
・食事の時の、あと一品に丁度良いから。
・カルシウムが取れる。料理の隠し味に便利。
・しっかりたんぱく質が取れ、小腹がすいた時にちょうどいいから。

味の美味しさはもちろんのこと、カルシウムやたんぱく質といった栄養面さまざまな料理に合うことや、小分けになっていて食べやすいものも多いなど、使いやすい食材であることも人気の一因のようです。

都道府県ランキング、トップ3の共通点は......?

チーズが「好き」と回答した人の割合を都道府県別に見ると、次のような結果になりました。

・チーズが好きな都道府県ランキング

1位:新潟県(68.0%)
2位:秋田県(64.0%)
3位:山口県(62.0%)

これら上位3県に共通点を見つけることはできますか?そう、どの県もチーズと同じく発酵食品である日本酒の産地として有名ですね!

最も好きなチーズは?

クリームチーズにチェダー、ブルーチーズなど、一口にチーズといってもその種類は様々ですよね。

アンケートの結果によると、都道府県によってその傾向は異なる部分もありましたが、全体でみると最も好きなチーズには「プロセスチーズ」が選ばれました。

・好きなチーズの種類ランキング

1位:プロセスチーズ(25.7%)
2位:カマンベールチーズ(21.0%)
3位:モッツアレラチーズ(17.5%)

ナチュラルチーズを1種類もしくは数種類混ぜて加工したプロセスチーズ。クセが少ないので食べやすく、日持ちもするので、多くの人にとって手に取りやすいのかもしれませんね。日本で馴染み深いチーズといえるでしょう。

意外にイケる!?チーズに合う日本の食べ物

チーズというと、イタリアンをはじめとした洋食のイメージが強い人もいるでしょう。そこで、アンケートでは、チーズに合う日本の食べ物を回答してもらっています。思わず試してみたくなるものから斬新なものなど、さまざまな組み合わせがあるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

・チーズにのりを巻く
・豆腐と卵を混ぜてチーズを乗せてトースターで焼く
・温かい塩ラーメンに、溶けるチーズを入れて食べる
・りんごのスライスとカマンベールチーズを合わせて食べる
・ワサビをつける

同じ種類でも保存状態によって色々な味わいを楽しめるのもチーズの魅力。料理の主役も脇役も演じられるチーズを使えば、簡単に料理の幅を広げられます。また、チーズを添えたり、まぶしたりするだけで料理がさまになるのも、嬉しいですよね。

暑さでなかなか食欲がわかないときも、チーズを口にしながら夏を乗り切りましょう!

【「チーズに関する調査」調査概要】
調査期間:2019 年7月4日〜7 月7日
調査対象:全国 47 都道府県の 10 代~80 代の男女 100 名ずつ、合計 4,700 名
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング