女子に定評のある「三井ガーデンホテル」が新たにオープンした京都のホテルは、ロケーション推し!

Suits-woman.jp / 2019年8月31日 13時0分

写真

女子に定評のある「三井ガーデンホテル」が新たにオープンした京都のホテルは、ロケーション推し!の画像

ホテル建設ラッシュがまだまだ続く京都ですが、滞在時間を1分でも充実させたいというアクティブ女子にぴったりなホテルが、JR京都駅のほぼ真ん前という好立地にオープンしました。

「三井ガーデンホテル京都駅前」はその名の通り、京都駅中央口から徒歩3分という立地に新しく建てられたホテルで、にぎやかな京都駅から一つ隔てた通り沿いにあります。地下街からはさらに1分という距離で、JR以外に近鉄線や地下鉄、バスの乗り降りにも便利なロケーションになっています。

入り口はまるでマンションのようですがが、中に入ると明るく落ち着いた空間が広がり、駅前であることを忘れてしまいます。ロビーは茶庭、吹き抜けの坪庭を降りたところにある地下レストランは曲水の庭というように、ホテル全体に茶室を現代にアレンジしたイメージが取り入れられていて、インテリアには組子や和紙が使われ、ホテルのアイコンとして茶室に使われる円窓が玄関口やロビーのあちこちに配されています。

マンションの入り口のようなエントランス。

茶庭をイメージしたロビー。

地下のラウンジ・レストランへは水が流れる吹き抜けの坪庭を通ります。

室内には茶器をはじめとした様々な伝統工芸品が飾られています。

部屋のタイプはダブルとツインとトリプルがあり、いずれも2名以上で利用する広さになっています。ダブルの部屋は床が広々として大きな荷物も拡げやすく、ツインはシングルベッド2台の隙間がないハリウッドスタイルにしています。円窓をあしらった障子、行灯型の照明、床の間をイメージさせる床柱、銀箔張り風のミニバー、畳を敷いたバゲージ台などなど、和洋スタイルが混在する空間は、テーブルやイスなど機能的なインテリアも揃えられています。

ベッドが3台並ぶトリプルルーム。

ツインルームはハリウッドスタイル。

注目のコンセプトルーム

ホテルの部屋は全体で136室ありますが、その中に特別仕様のコンセプトルームが2室だけ設けられています。一室は、京都友禅の染色技法とデニムを融合させた世界初のプロダクトを展開する「京都デニム」とコラボレーションし、障子や照明、ベッドカバーやクッション、イスなどが、京都デニムでアレンジされています。もう一室は、代表的な着物生地として知られる「丹後ちりめん」とのコラボレーショで、数ある模様の中から女性が楽しめるガーリッシュなデザインを取り入れた部屋にアレンジされています。

いずれも京都の伝統美を大切にしながら、新しいチャレンジをしているブランドで、世界のファッション業界からも注目を集めて話題になっています。この部屋だけのオリジナルのアメニティグッズも提供され、1年間限定というレアなコラボレーションルームになっています。

シックな雰囲気でまとめられた京都デニムの間。

赤を基調にガーリッシュな雰囲気にまとめられた丹後ちりめんの間。

アメニティーグッズもすべて丹後ちりめん仕様で独特な手触りが楽しめます。

コンセプトルームだけのアメニティーグッズもあります。

さらに女性限定宿泊プランとして、着物レンタルサービスのwargoと提携してレンタルした着物をホテルで返却できるプランや、老舗ブランド「よーじや」の出張フェイシャルエステサービスがお部屋で受けられるプランも用意されています。よーじやのプランだけはモデレートツインでの宿泊になりますが、おみやげにトライアルセットのプレゼントも付いていて、ショップでサービスを受けるよりお得感があります。

「よーじや」の出張フェイシャルエステがホテルの部屋で受けられるのはココだけ。

お店でレンタルした着物をホテルで返却できる、便利なプランが用意されています。

こちらのホテルでは残念ながら大浴場はありませんが、代わりに充実の朝食メニュー、チェックアウトの後も利用できるラウンジサービスが用意されています。特に朝食は栄養管理士が監修した旬の野菜や魚を使ったおばんざいがずらりと並ぶビュッフェスタイルで、もちろん洋風メニューもあります。抹茶を使ったそばやパン、デザートもあり、全部で50種類以上のメニューがたっぷり味わえます。

朝食エリアは、チェックイン後のドリンクサービスやチェックアウト後のラウンジとして利用できます。

50種類以上ある朝食メニューの中には、出きたての豆腐や健康米の和風湯葉あんかけオムライスなどがあります。

ゲスト以外も使える便利なサービスに注目!

そして、もう一つこのホテルならではのサービスが、京都市内にある4つの三井ガーデンホテルを結んだ「バゲージサービスカウンター」です。ロビーに用意されたカウンターで荷物を預けると、三条、四条、新町別邸のいずれか指定したホテルのカウンターで荷物を受けとることができます。帰りはそれぞれのホテルで朝11時までに荷物を預けると、京都駅前ホテルまで届けてくれるので、ロッカーの心配をせずに京都での移動を楽しむことができます。しかもこのサービスは三井ガーデンホテル京都駅前の宿泊客以外でも荷物1個に付き300円で利用できます。さらに、サービスを利用すると駅前ホテルのラウンジも利用できるという便利さで、開業前から問い合わせが殺到しているそうです。

4つの三井ガーデンホテルを結んだバゲージサービスは三井ガーデンホテル京都駅前の宿泊客以外も利用OK。

京都駅は地下街にショップやレストラン、おみやげ屋さんがたくさんあり、徒歩圏内に飲食店もいろいろ増えています。意外に便利で京都らしさも味わえる駅前ホテルを次の宿泊先候補に入れて見るのもいいかもしれませんね。

ホテル外観。

公式サイト:https://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-station/

取材・文/野々下裕子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング