タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、その気になる中身とは?

Suits-woman.jp / 2019年8月30日 11時0分

写真

タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、その気になる中身とは?の画像

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が完成しました。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという、ハリウッドに長年君臨する二大映画スターの初共演作としても注目されています。「初めて映画を観ることは、物語を発見する旅なのです」というタランティーノは自らネタバレ厳禁!を宣言。そこで、描こうとしたものとは?

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
(配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
●監督・脚本:クエンティン・タランティーノ ●出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、アル・パチーノほか ●8月30日全国ロードショー

【あらすじ】
1969年、ハリウッド。TV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)の人気は下降気味、映画スターへの転身へもがくもパッとしない日々が続いていた。本人に代わって危険なシーンをこなすスタントダブルのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックの付き人にして親友。ハリウッドで生き抜くことに神経をすり減らすリックと対照的にマイペースなまま、華やかな世界の片隅に生きることを楽しんでいた。ある日リックの隣家に、『ローズマリーの赤ちゃん』で時代の寵児となったロマン・ポランスキー監督と、スター女優への道を駆け上がるシャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。一方、浮かれるような街のなか、ヒッピー少女の集団が異様な空気を放っていた……。

■レオとブラピ、世紀の初共演!

クエンティン・タランティーノ監督の新作が完成した!と言われると、なんだかんだいって、それは観なくちゃ!という気になります。9作目となる監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』だって、もちろんそう。しかもレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演が実現し、どうやら例のシャロン・テート惨殺事件を扱うらしいというのだから、観る前からザワザワとした期待感が募るのです。

レオナルド・ディカプリオは10代から完成された演技力とシャープな輝きを備えた圧倒的スターで、44歳になったいまも輝かしいキャリアを着実に築く稀有な人。この映画でのレオは、そりゃそうだよな!と納得させる演技力を見せます。彼が演じるリック・ダルトンはかつて(まあまあ)人気のあったTV俳優で、映画俳優への転身を夢見てジタバタするも、実際には当時B級扱いだったマカロニ・ウェスタンに誘われてうじうじ泣いちゃうような小人物。そんなリックを、レオは楽しそうに演じます。いかにも当時のTVシリーズの主役っぽい演技、テレビ番組に出演して整えられたヘアスタイルとこじゃれたスーツ姿で軽く歌って踊る姿、悪役として本気を出した時の凄味を感じさせる演技――まさに緩急自在なのです。

おっさん化してきたレオナルド・ディカプリオ、それがいい味!

そんなリックのスタントダブル、クリフ・ブースにブラッド・ピット。こんなにティアドロップ・サングラスが格好よくキマるスタントダブルがいるのか!?と一瞬思うけれど、ちょっとしたやさぐれ感と軽~く漂うようにハリウッドをのんきに生きる空気感をナチュラルに醸してシビレます。仕事を終えて自宅のトレーラーハウスに戻り、くわえタバコをしたまんま、愛犬にやろうとドッグフードの缶詰を開け、「待て」をさせつつ、いまにも餌に飛びかかろうとする愛犬と眼差しで真剣な攻防、みたいななんてことないシーンのこの格好よさはなに!?この人の演技力はあまりにナチュラルで高度過ぎて、そしてなにより格好良過ぎて!相応の評価を得ていないように思えるのです。

しかも、

55歳にして、 

脱いでもスゴイ。

そんなブラピとレオが相棒を演じるさまは、ハリウッドで長くスペシャルランクで在り続け、ハイレベルな演技力があるからこそのなんともいえない化学反応が起きていて、最後まで飽きさせません。さすが!

黄色いアロハも超お似合いなブラッド・ピット。格好いい~。

■虚実入り混じった、それでいて超絶クールな世界観

そして、この映画は例の現実に起きたシャロン・テート殺人事件を扱うのです。そのことは映画の最初から最後まで、観客の心の奥底にぴたりと貼りつく陰のように映画全体を覆います。

 

シャロン・テート演じるマーゴット・ロビー。このゴージャスな佇まい、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』とは別人!

1969年8月9日、ロマン・ポランスキー監督の妻で妊娠8か月だった女優のシャロン・テートがカルト集団、マンソン・ファミリーに惨殺されたという事件です。チャールズ・マンソンは家出少女を集め、西部劇の撮影場所として使われていたが荒れ果ててしまった「スパーン牧場」に棲みつきました。ハリウッドがキラキラと輝く時代の中、長い髪にぼろぼろのカットオフデニムと、ラブ&ピースというより薄汚いボヘミアンみたいな少女たちが街中をうろつくさまは見るだけで心が乾くような違和感を覚えます。

その、微妙な感じ。当時ロサンゼルスにいて、その時代の空気を胸いっぱいに吸いながら生活していたら覚えるはずの奇妙な違和感を、タランティーノは緻密に演出して観客に体感させます。2時間41分という長尺はそのためのもの、なのかも。そしてそここそがこの映画の肝で、タランティーノは膨大な映画やTVシリーズの知識、溢れるばかりの60年代ロサンゼルスへの愛をこれでもか!とぶっこんでいきます。クリフが運転するでっかいアメ車のカーラジオからがんがん流れる超絶クールな音楽の数々(サントラほしい!)、癖があって過剰にデコラティブな60年代ファッションに身を包んだ華やかなスターたち。タランティーノから「な?いいだろ?いいだろ、この感じ!?」と激オシされたようで、同時に、「いや~、いいっすね!」と激しく同意するような気分になります。さらにブルース・リーやスティーブ・マックィーンら実在のスターも登場(しかも一目でそれとわかるそっくりさんばかり!)。虚実入り混じった、でも100%タランティーノが大好きな世界が展開していくのです。

その中心で、マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートが輝くよう。26歳で、女優として明るい未来が待っていて、世界的注目を浴びる映画監督と結婚し、その子どもをもうじき出産する――当時のハリウッド、その中心を舞う妖精のようなシャロン。でも彼女は……。もちろんここでは結末に触れません。でもやたらに笑えてなんだかシャレていて、そこにタランティーノが込めた愛が伝わってきて途方もなく切ない。タランティーノの監督としての進化を目撃した気分になりました。

 

レオに演出するタランティーノ監督。もはや次回作が観たい!

文/浅見祥子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング