タワマン住まいのイケメン社長夫妻の見えざる闇!お互いに不倫は黙認……?

Suits-woman.jp / 2020年11月14日 18時0分

写真

タワマン住まいのイケメン社長夫妻の見えざる闇!お互いに不倫は黙認……?の画像

裕福な家庭で育ち容姿にも恵まれ、イケメン社長と結婚し、立地のいい都内のタワーマンションに暮らす女性。側から見ると、何もかも手に入れているように見えますが、そんな女性にも埋められない心の闇があるようです。

今回は、そんな一見完璧な女性のリノさん(仮名/31歳)と、数年間不倫関係にあったユウトさん(仮名/30歳)にお話を伺いました。

タワマンに住むリノさんは、この暮らしを手放したくないという。

ロンドンでの出会い

ユウトさんは美大出身のアーティスト。可愛らしい顔立ちで、大学生と言われても疑わないほど、かなり若く見えます。海外で個展をしたり、勢力的に活動をしていますが、売れているとは言えず、アーティストの傍ら都内で事務職もしています。

「リノに出会ったのは、ロンドンでグループ展に参加している時でした。たくさんの若手アーティストが出品するグループ展で、日本人のアーティストは僕だけだったと思います。

リノはギャラリーを経営していて、よく海外にひとりで出向いては作品を買い付けていたようです。その時も、買い付ける作品を探しにグループ展を見に来ていました。

ものすごくスタイルが良くて、一見して高級な服をまとっている彼女は、会った時から印象的でした。顔立ちは僕のタイプではなかったんですが、一般的に言うとキレイに整っています。

僕が日本人だと分かると、おしゃべりに話しかけてきました。リノは英語がそんなに得意じゃなくて、感覚でなんとか旅行しているようでした。

彼女は最初からかなり積極的で、僕に好意がありそうでした。『英語があまり分からなくて困っているの。良かったらロンドンを案内してくれない?』と頼まれたので、次の日は空いていたので案内することにしました。」

積極的な彼女

ロンドンのデートで急接近したリノさんとユウトさん。リノさんの積極的なアタックもあり、その日のうちにベッドインしたそうです。

「リノは結婚指輪をしていたし、既婚者だと言うことは隠していませんでした。大学時代から付き合っていた自分の会社を持っているやり手の旦那さんと、25歳で結婚したそうです。写真も見せて貰いましたが、かなりイケメンです。『最近はメッキリ夜の生活はレスだから、寂しいんだ〜』と言っていました。

お酒が入ると、リノはグイグイ迫ってきて、旅先でのワンナイト的なのを求めてるのかな〜と思ったし、僕もキレイな女性に迫られたら断れないので(彼女もいなかったし)、その日のうちにベッドインしました。

ロンドンだけの関係だと思っていたのですが、リノは仕事を持ちかけてきました。彼女が経営しているギャラリーでのグループ展の参加や、彼女のコネクションの他のギャラリーでのグループ展への出品、作品も買ってくれると言っていました。

僕はアーティストとして売れているとは言えないし、正直スポンサーができるのは有り難かったです。『ユウトくんを応援したいんだ!』と言ってくれたので、話に乗ることにしました 」

ふたりとも都内に住んでおり、帰国後も会う約束をし、そのままズルズルと不倫関係が始まります。

お互い無関心な夫婦

「徐々にリノを知るに連れて、彼女は実家も裕福でかなりのお嬢さんだと分かりました。彼女の経営するギャラリーは、ほとんど趣味で、儲けは無いに等しかったです。

リノはかなり大胆で、日本に戻ってからは仕事相手だと誤魔化して結構堂々とデートしたりしていました。ギャラリーのオープニングレセプションとか、旦那さんも普通に来るので、何度か顔を合わせています。

僕とリノはよく一緒に居たし、旦那さんが僕らの関係に気がつかないことはない、と思います。『リノがお世話になって』と挨拶されたこともあります。
僕は内心、ちょっとヒヤヒヤしていましたが、リノいわく『旦那は旦那で色々やってるから、お互い様なの』と言っていました。

彼女の住んでいる立派なタワマンに招かれたこともありました。普通に旦那さんもいて、『ごゆっくり〜』と言われて……。途中から出かけて行きました。

まぁ、側から見てもお互いに無関心な夫婦という感じでした。イベントとかは一応夫婦として顔を出すんですが、仮面夫婦というやつですよね。」

その後1年ほどはリノさんとの関係が続いたというユウトさん。その間、ユウトさんは段々とリノさんへの情が湧いてきましたが、リノさんは旦那さんと別れる素ぶりはなかったそうです。

新しい夫婦の形?

「リノは僕のことを好き好きという割に、旦那さんと離婚する気は全くなかったです。最初から『離婚はしない。だって旦那は優良物件だから』と言っていました。

僕は一緒に居るうちに、リノに愛情が芽生えてきて、今後とか考えるようになったんですが、それと反比例して、リノは少し冷たくなりましたね。

関係が始まって1年くらい経った頃、『友達に戻ろう!これからもアーティストとしては応援するから』みたいなことを言われて、徐々に疎遠になりました。

悲しかったですけど、僕がどうこう言える立場じゃなかったし、その頃リノはよく一緒に居る別のアーティストがいて、多分彼のことを好きになっていたんだと思います。

それから疎遠になったものの、時々リノに呼び出されてご飯に行ったりして、友人関係は続いています。今では普通に恋愛相談とかされる仲です。僕は少し複雑ですが……。

結局、リノは毎日刺激がなくて時間もお金もあるから不倫してしまうんです。最近会った時は男性と出会うために婚活アプリみたいなのをやっていました。僕には隠していましたが、スマホの画面が見えてしまったのと、まわりの人から色々噂を聞いたんです。

離婚をする気は全くないみたいですね。追い追い子供は作る予定のようです。これも新しい夫婦の形なんでしょうかね……」

側から見ると何もかも手に入れているのに、不倫を繰り返すのは、満たされないからなのでしょうか?それとも、こういうのも新しい夫婦の形なのでしょうか……。

パトロンとして近づき、アーティスト男性と恋を繰り返す、リノさん。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング