『鬼滅の刃』の経済効果は?映画の興行収入やコラボ企業の株価が気になる……

Suits-woman.jp / 2020年11月21日 13時0分

写真

『鬼滅の刃』の経済効果は?映画の興行収入やコラボ企業の株価が気になる……の画像

テレビや映画、様々なコラボ商品など、目にしない日はない『鬼滅の刃』。原作は少年ジャンプの連載漫画で、大正時代を舞台に鬼の血を傷口に浴びてしまったことで鬼になってしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すべく、兄・炭治郎が旅をする物語です。

今回は、社会現象といっても過言ではない『鬼滅の刃』による経済効果やコラボ商品の動向などをご紹介します。

※禰豆子の禰はネに爾が正しい表記です。

映画の興行収入は『千と千尋の神隠し』を超える勢い

10月16日から上映されている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が空前の大ヒットを記録中。配給会社によれば、公開わずか10日での興行収入は100億円以上。このペースは『千と千尋の神隠し』の25日間の興行収入を上回ります。

映画館のグッズコーナーには、“推し”のアイテムを求めるファンの姿。

公開24日間では204億円を記録しており、現在のところ興行収入の歴代ランキングの中で第5位となっています (2020年11月13日時点) 。今後海外での上映も予定されており、さらなる興行収入が期待できそうです。

映画は台湾や香港などアジア各国でも上映中

『鬼滅の刃』の人気は日本のみならず、アジア全土に広がっています。台湾では公開初日から3日間の興行収入が、『アナと雪の女王2』や『君の名は。』を超える1.17億台湾ドル(約4.3億円)を記録しました。

そのほかマレーシアやシンガポールでも先行公開されており、年内にはタイやベトナム、ミャンマーなど東南アジアの国々での公開も予定されています。

海外の大手メディアがその人気ぶりを紹介

海外では「Demon Slayer(デーモン・スレイヤー)」として知られている鬼滅の刃。イギリスのBBCやニューヨーク・タイムズなど、海外の大手メディアもその人気ぶりを報じています。

ニューヨーク・タイムズは、“日本国内のみの公開にかかわらず、公開初週の興行収入が日本以外の全ての国で封切られた映画の興行収入合計を上回り、世界最大のオープニングになった”と絶賛。人気の理由を解説する記事をWeb上で公開しました。

鬼滅効果で株価もアップ?コラボする企業が続出

ローソンではお菓子やドリンクとコラボ

ローソンはこれまでも『鬼滅の刃』とのコラボに力を入れてきました。映画公開後となる11月10日からは鬼滅の刃のキャラクターがパッケージに描かれた「イチゴみるく」の販売を開始。大きな話題を呼びました。

そのほかローソンの人気商品である「からあげクン」やおにぎりのパッケージなど、様々なコラボ商品が販売されています。

また、バンダイがローソン限定で販売しているのが登場キャラクターが描かれたタルト。炭治郎や禰豆子を含めた、6種類のキャラクターデザインで展開されています。

売り上げが前年同月比100%アップを記録した、 「築地銀だこ」

コロナウィルスによる大打撃を受けていた「築地銀だこ」も、コラボによって売り上げを回復させた企業のひとつ。コラボが後押しとなり、10月の売り上げは、9か月ぶりに前年同月比で100%アップしました。現在、客足もほぼ前年並みの水準まで回復しています。

『鬼滅の刃』は、コロナ禍で売り上げが落ちていた外食産業にとっての強力な助っ人として活躍しています。

「くら寿司 」は特製クリアファイルをプレゼント

鬼滅コラボ企業の代名詞にもなりつつある、くら寿司。18種類のクリアファイル(合計180万枚)を先着順で配布するという大規模なコラボ企画は、小さな子供を中心に大変な人気を集めました。

その他にも「鬼滅の刃にぎり 三種盛り」「禰豆子のたっぷりベリーアイス」など、インパクトのあるコラボ商品を多数展開しています。

ジーンズメイトでは鬼滅の刃コラボTシャツやパーカーを販売。株価も大幅アップ

Tシャツやパーカー、バッグなど、『鬼滅の刃』とコラボしたファッションアイテムを多数販売しているジーンズメイト。10月16日の劇場版公開後、株価は最高で40%以上アップ。鬼滅ブームの恩恵を大きく受けています。

香港では「Xperia 1 II」がコラボ

ドコモのオンラインショップ向けに「Xperia 5 II」の限定色「パープル」を販売しているソニーモバイル。香港では、ソニーの「Xperia 1 II」が鬼滅コラボモデルとして販売されています。

11月中に購入した場合には非売品のオリジナルケースやストラップ、スクリーンプロテクターやワイヤレスヘッドフォンなど、総額2万円以上のおまけがつくとのこと。香港在住のファンにはたまらない企画ですね。

コロナ禍においての明るい話題

新柄コロナウィルスによる経済的な損失が広がっているなか、『鬼滅の刃』の特大ヒットは非常に喜ばしいことです。コラボ企業の株価や業績を見ると、作品が日本社会に与える影響は一目瞭然。日本経済を回復へと導いてくれる“救世主”といっても過言ではないでしょう。

毛先やサイドにカラーリングをして、“推し”の髪色を真似る人も!

海外での認知度も高まっており、今後もさらなる活躍が期待できそうです。

文/山根ゆずか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング