『明るくアットホームな会社』の求人がブラック過ぎると話題に

秒刊SUNDAY / 2012年2月4日 22時25分

ewdjwe

明るくアットホームな会社です。などという求人広告は良く見かけるモノの、いざ応募して職場に行ってみると、明るいのはいいが、声をあげ叱られ、何処がアットホームなんだ!なんていうオチは良くある。挙句の果てに残業の多さに辛くなり、ブラック企業を疑うこともしばしば。さてこちらの求人広告は、入る前からブラックの臭いがすると話題になっております。




【求人広告】明るくアットホームな会社です! on Twitpic

こちらの求人、ウカツキコデマヌシというちょっと変わった企業の求人広告。女性は容姿に自信があり、早朝から深夜まで様々な業務が体験できるという、何とも怪しい仕事内容。さらに新しい雇用形態を提案すると言ううたい文句で時給は900円。

勤務時間は9:00~17:00若干の調整あり。休日も土日祝日若干の調整ありと、明らかに調整ありきでの募集のようだが、果たして応募する人はいるのだろうか。

とまあこの時点で気付けばよいが、良く見れば業種は『社畜スタッフ』なるもので、なんとも現実性のない職種。さらに、会社名を反対側から読めば、この会社の目論見と、オチが良く判る。

さて、このような明らかなブラック企業をうたう企業は、まずないが『明るくアットホームな会社』というキャッチフレーズや『店長候補』『幹部候補』 『やりがいのある仕事です!』などというフレーズも捉え方によっては、全く想定外の結果を生むことも。

就職氷河期とはいえ、仕事を探す際には入念な下調べが必要だ。

(上記求人写真はジョークのようです)

【関連記事】
あまりにもブラック過ぎる中国の解体現場

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング