中国で偽の塩を1400トン転売したとして逮捕

秒刊SUNDAY / 2012年2月16日 16時48分

6832546463_ac617bf3db_o

中国東部の州で、塩を2009年から2011年の2年間の間、消費者に不正転売していた事が発覚し逮捕された。しかもこの塩は偽物で、成分が異なり実に1400トンもの偽塩が、市場に出回ってしまった。なお、中国では偽物の塩を取り締まる法律が無く、今後も同様の手口で偽塩が転売されることは避けられないという。さて、気になるこの塩の正体とは。

画像

容疑者は、化学工場から工業廃棄物となる偽物の塩をキロあたり10元(120円ほど)で購入、その後卸売業者にキロ当たり、400元(4800円)で販売していたという。つまり工業廃棄物を、業者は何に使うのかも判らない容疑者に売り、容疑者は卸売業者に塩だと嘘をついて売っていたというのだ。

廃棄物となったその物質には、除草剤グリホサートと呼ばれる除草剤の成分が混入されており、摂取すると下痢や、消化器系の問題を引き起こすほか、心臓疾患に結び付く大変恐ろしい病気を招く恐れがあると言う。

この偽物の塩は既に市場に流通しており、知らず知らずのうちに消費者の口に入っている恐れもある。またこれが日本に輸入されているかどうかは判らないが、万が一不調を感じたらただちに病院で調べるほうがよい。

思い返してみると、2008年に中国製餃子中毒事件が発生し、社会現象を巻き起こしたが、この例は氷山の一角で追跡すればとんでもない事実が浮かび上がるのではと勘繰ってしまいそうだ。

【記事参照】
1,400 Tons of Fake Salt Being Sold in China for Two Years (Video) ≫ M.I.C. Gadget

【関連記事】
地獄のミサワのようにパーツが集中したネコが中国で話題に

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング