中国の研究者が月面に『古代遺跡』を発見したと発表

秒刊SUNDAY / 2012年2月18日 12時4分

aliens

やはり月には何者かが住んでいたのだろうか、中国の研究者が月面に古代遺跡のようなものを発見したと発表。それによると問題の動画の中に明らかに自然造形物ではなく、人工の建物が存在すると言うその建物は、地球上でいうと城壁のような古代遺跡のようなものと、周辺の都市。しかしこの古代遺跡は既に破壊されているという。何故破壊されたのかと言うと、NASAが意図的に破壊したという。一体どういう事なのか。



中国の衛星から映し出された高解像度の写真を見てみると、今月撮影された写真の中に遺跡のようなものが写っていたという。遺跡は四角い建物がいくつか折り重なった状態で構成されており、城壁のようなものでもある。もちろん、月には誰も住んでいないのでこのような人工物が存在することはありえないのですが、中国の研究者の話によると、既にこの遺跡は破壊されているという。

破壊したのはアメリカ航空宇宙局(NASA)(あくまで中国の情報による話です)であるという。きっと重要な情報を隠蔽するために、あえて施設を破壊したのではないかと推測しているようだが、更なる調査を進めることで、恐らく新事実が浮かび上がり、新時代の幕開けに繋がると言う。

この写真に写る建物のようなものが本当であれば、むしろそれを温存すべしだと思うのだが、NASAが破壊したという根拠はいったい何であろうか。そして根本的にこの建物のようなものは本当に存在するのか。真偽は皆様の目にゆだねたいと思う。ではこちらの動画をご覧ください。


動画のURL:http://youtu.be/hKadoX3rfcE

【記事参照】
Possible Alien Moon Base Captured By Chang’e-2 Orbit

【関連記事】
火星に駅ビル?知的生命体の建造物らしきものがあると話題に

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング