中国の軍人の姿勢が驚くほど正しい理由が判明

秒刊SUNDAY / 2012年3月13日 23時52分

chwiqd

中国や北朝鮮など、彼らの整列した行進はあまりに正し過ぎる。とくに姿勢は誰もがピシッとしており、まるで機械のようだ。だがなぜそこまでみな姿勢が正しいのか。例えこれが教えであったとしても、それぞれみんな違う人間。体の構造も違えば、性格も違う。ではその違いをどのようにカバーしているのか、驚くべき方法が判明した。


画像

画像を見てほしい、背中に十字架のようなものを背負って行進の練習をしているではないか。どうやら、これで姿勢をただすという補助器具のような役割を担っているようだ。
いや、問題はそれではない。もっと大変な補助器具がエリについているのをお気づきだろうか。そう針だ。これは少しでも下を向いたり、首を動かしたりしたら直ちに、グサリとのど元をやられると言う恐怖の補助器具。

こんなものがあればひとたまりもなく、強制的に姿勢が正されてしまう。もはや、姿勢を正してくださいなどというくだりは不要。痛いか痛くないか。それだけだ。

むろん実践の場合はこのハリは除去されるのであろうが、普段からこの訓練を受けてしまうと、無意識的にのど元に針がある感覚に襲われ、有事の際も上を向くしかないだろう。

となると、中国軍の弱点は下から攻撃を仕掛ければ、相手のすきを突くことが出来るかもしれない。実際はそんな甘いものではないのですが、そもそも姿勢を正すことに何の意味があるのかという疑問はNGであろうか。

【記事参照】
http://tt.mop.com/read_11609529_1_0.html

【関連記事】
喧嘩した妻が作った弁当があまりにホラー。中国で話題に

(ライター:たまちゃん)






面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング