3月11日中国では洗濯機が爆発!全て溶かし無残に飛び散る

秒刊SUNDAY / 2012年3月15日 23時7分

f

パソコンなどの電化製品が突如爆発すると言うおぞましい話を良く耳にしますが、3月11日に洗濯機が中国の揚州で爆発していた事が判明した。洗濯機は昨年の5月に購入したものだが突如爆発。けが人はいなかったものの、跡形もなく全て溶かし無残に飛び散ってしまった。せっかくの奇麗なトイレが黒焦げになってしまっているようだ。



画像

洗濯機のメーカーは不明だが、購入したのは去年の5月。別に古いわけでもないむしろ新品同様の洗濯機だ。それが3月11日、日本は追悼ムードの中、突如爆発したと言うから驚きだ。
爆発の影響で部屋の天井まで丸焦げになり、爆発の凄まじさを物語っている。中国ではこれまでに、洗濯機のみならず、パソコンやオーディオ機器など様々な電化製品が爆発していることが知られている。いったいなぜ中国の製品が爆発しやすいのかは定かではないが、人口が多いだけに利用者が多く、相対的にそのような事故が起きやすいのかもしれない。もちろん、製品が不良品であったという点が一番の疑惑ではある。

さて、今回は幸いなことに、家には人がおらずけが人はいなかったという事で、一人で勝手に爆発し、家主は無事。最悪の事態は免れたわけだが、洗濯機が置いてあるトイレはススで真っ黒焦げに。洗濯機は無残に飛び散る様に。

ここまでの爆発から察するに、製品の不良でなければ、家主がとことん洗濯機にこき使ったのではないかと勘ぐってしまいそうだ。

【記事参照】
http://tt.mop.com/read_11624748_1_0.html

【関連記事】
中国の軍人の姿勢が驚くほど正しい理由が判明

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング