ワイルドだろぉ?巨大雹が降ってきても普通に歩くワイルドな男

秒刊SUNDAY / 2012年4月16日 22時36分

wdwd

4月9日にアメリカのウッドワールド地方で、巨大な雹が観測され、その大きさはなんと野球のボールサイズ。こんなものが空から降ってきて、人に当ったら痛いだけでは済まないはずだ。しかもそれが何個も降り注ぐとなると、運が悪ければ死ぬ。そんな中、その雹の中を普通に歩くワイルドな男が撮影されました。あまりにワイルドすぎて撮影者も驚きを隠せないが彼は何者なのか。



画像)(画像

後ほど動画でも紹介するがまずはこちらの写真を見ていただきたい。白い物体がその雹だ。日本の雹とは違い明らかにサイズが一回りも2回りも違う。そう海外の雹はワイルドだろぉ?サイズが野球ボールぐらいあるんだ。こんなサイズの雹が人の頭に当ったら、たちまち頭を強く打ち、脳震盪を起こしてぶっ倒れてしまう。

しかも大量に降り注ぐ中、しかも傘もささずに平然と歩くなんて『ワイルドだろぉ?』ワイルドすぎると言うより、自殺行為としか思えない、そんな男が実際に居るから驚きだ。雹なんて当たり前のことなのかもしれない、だが野球ボール大のサイズの雹が頭に当っても問題ないというのは『当たり前』ではない

ということで早速その問題のワイルドな男を見ていただきたい



動画
http://youtu.be/qrTSd7VvcdY

【関連記事】
あまりにもワイルド過ぎるホテルがディズニーを超えている件

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング