履歴書の資格欄には何を書く?ネット上で話題に。

秒刊SUNDAY / 2012年5月2日 17時2分

shikaku

入社式も終え、新人の皆さんが一息ついている今の時期。
GWにお花見と行楽気分まっただ中のことと思いますが、ここから益々気を引き締めて行かなければいけないのが就職戦線まっただ中の学生達。GW明けに面接や試験を控えた皆さんもいらっしゃることと思いますが、そんな皆さんへ向けた“資格欄に書いても良い検定・悪い検定”についてのアドバイスがネット上でされています。
学生時代に頑張って取得した検定だったとしても“何級を取得したか”はやはり重要。資格欄に書いても良い級については

・資格は1級以上しか意味無し
・漢検、英検なんかは3級から書いても良いけど評価には繋がらん
・全商や全経なんか1級持ってても日商の2級相当でしか評価してもらえない

といった厳しいアドバイスが並んでいます。
ただ、自分がどういった分野を目指してその企業へアプローチするのかといったことも重要なポイントのようで

・危険物を武器にするなら甲種から
・事務を狙うなら簿記2級を書いてもいい
・エンジニアの仕事は基本情報とシスアドとってたら間違いなく有利

と、いうアドバイスも。

他にも、面接の場の雰囲気を和やかにしたり、面接官との会話のきっかけにできそうなものとして、マニアックな資格を書くのもお勧めなんだとか。寄せられていたコメントには

・きのこ鑑定士を書いて内定をゲットした人がいる

というものも。確かに、あまり見かけない資格が書いてあれば面接官の目にもとまるでしょうし、上手く会話が弾めば好印象を残すことも期待できます。逆に、中途半端なことを書くと地雷になる可能性も高いようです。

・教員免許取得予定と書いたら「何故、教師にならずに就職活動をしているのか」と言われた。

と、逆に空気が悪くなってしまった例もあるので、資格欄に資格を記入する場合は十分に注意したほうがよさそうです。
 
資格欄の記入で悩んでいる就職戦線まっただ中の皆さんは、今一度皆さんのアドバイスを見なおして、しっかり内定をゲットへ結びつけてくださいね。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング