全米NO1エナジードリンク『モンスターエナジー』を飲んでみた

秒刊SUNDAY / 2012年5月10日 12時9分

DSC_0153

レッドブルもノンシュガーのレッドブルを発売し、いよいよエナジードリンク戦争が幕を開けたのですが、今回はアサヒ飲料が、アメリカNo.1エナジードリンク「Monster Energy(モンスターエナジー)」独占販売したと言うので、早速飲んでみた。今回は2種類「モンスターエナジー・カオス」両方共に飲んでみたので、気になっている方は是非参考にしてほしい。

画像

サイズですが、355mlとレッドブルの250mlに比べかなりの容量だ。それでいて値段は190円と容量だけで見ればこちらのほうがお得感は多い。さらにビタミンB群、アルギニン、カルニチン。高麗人参エキスなど、栄養素たっぷりの成分が混入されており、栄養補給にはピッタリのように見える。


画像

プルタブ部分は、それぞれ緑とオレンジの色の配色をしたもの。レッドブルのノンシュガーバージョンに似ている。今後プルタブに色を付けるのが流行るのか。



画像

早速コップに注いでみた、左がモンスターエナジー、右がモンスターカオス。どちらも基本成分は同じだがモンスターカオスのほうは、オレンジ、パインアップルなどの果実が含まれており、栄養ドリンクでありながら、ジュースのテイストも味わえるというまさにカオスな成分を誇っている。

早速飲んでみると、モンスターエナジーのほうはレッドブルに近い味がする。がしかし、高麗人参エキスの影響なのか、どことなく薬の味のような後味が微妙な味わいでもあり、355mlをさすがに飲み干すには辛いのではないかと言うのが感想だ。

対してモンスターカオスのほうは、高麗人参エキスの味が消えていると言うとそうでもなく、むしろ薬の味が引き立ってしまっているようにも思える。もちろんフルーツの味わいもするので、言うならば野菜ジュースをスパークリングさせたような、カオスな飲料となっている。いずれにせよ薬味であることには変わりは無い。

リアルに表現するのであれば、朝起きたての口の中の臭いに似ている。まずくはない。カオスだ。そして全米NO1の味だ。

レッドブルは黄色
バーンは赤
モンスターエナジーは緑とオレンジ
残るは、ピンクと青のジュースが揃えば戦隊モノの色が揃う。

モンスターエナジーは2012年5月8日(火)から販売開始、既に売られているのでみつけたら手に取ってみてはいかがだろうか。

国内独占販売権取得!「モンスターエナジー」ブランド新発売

【関連記事】
バーン VS レッドブル飲むならどっちが得か

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング