正直萎える。『騙されたと思ってRT』なる迷惑ツイートの流行

秒刊SUNDAY / 2012年5月15日 12時1分

imasugui

いますぐRTすると、明日、最高な日になります。そんな画像をTwitterで見かけたことが無いだろうか。これ、ガチだった・・・というツイートを見てみるとそのような画像が出てきて、本当かなと半信半疑でRTしてしまう、まんまとRTしたあなたは、おそらく1,000,000人目ぐらいの釣られた方です。実際よいことがあるのかないのかは別としてTwitterがこのようなツイートで埋もれているのは正直萎えてしまう。

RTした方の中には喜びの声が多数届いており、

・ファンイベントに当った
・しずるからRTきた
・願い事がかなった等など。


大喜びするほどでもないが、プチ幸せのような報告が多数届いており、それを見たユーザは『マジかよ』という気持ちで試しにRTしてみるというもの。特段幸せがあってもなくても制作者は知る由もなく、このツイートだけがまるで意識を持った生き物のように拡散していったのだ。

『明日地震が来る』『Twitter有料化』などのツイートに比べれば遥かに悪意は薄いが、2回目、3回目と同じツイートを見せられるとなると、正直萎えてくる。いったいなぜこのように拡散していくのか。やはりTwitterの特性上『気軽に拡散できる』と言う点があげられるようだ。また、これ系のツイートは主に女子中高生を中心に流行しているようにも見える。


画像

ためしに、上記に習い似たようなツイートを作成してみた。例にならってフォントも似たような「あずきフォント」を利用し準備万端、意気揚々とツイート。これで多くのRTがわんさか届く・・・というのは甘い考えだった。まったくRTされず。2番煎じはさすがに通用しないばかりか、拡散させるためのターゲット層がフォロアーに少ないのも原因かと思われる。

さて、話は戻り『今すぐRTすると、明日最高な日になる』というツイートだが、おおかたネタだと認識するとして、逆に、これがネタガチであればちょっと怖いツイートだ。なぜなら、RTをしなければ明後日以降は、明日よりかは良い日にはならないからだ。つまり毎日RTしなければ、次の日も、その次の日も良い日にならないという、とんでもない裏があることにあまり気付かれてはいないようだ。

【関連記事】
「ばんそうこう」の呼び名マップがTwitterで話題に

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング