ついに自作空飛ぶベッドが完成!原動力はなんと磁石キテレツ過ぎ

秒刊SUNDAY / 2012年5月28日 18時44分

jiki

なんと夢の空飛ぶベッドが完成しました。これさえあれば、ゆらゆらと夜空を散歩しながらぐっすりと眠りにつくことができるでしょう。しかし現実はそこまで甘くはなさそうです。空飛ぶとはいえ、たった10センチ程度浮上しているのみ。更にこの浮くシステムは磁石によるものだ。リニアモーターカーのように若干浮かせて寝心地を楽しむと言うものだ。

画像

今回利用する磁石は、冷蔵庫や黒板に貼りつけるような貧弱な磁石ではなく、希土類磁石という超強力な磁石を利用。主にハードディスクなどに使われており、一般的にはあまりお目にかかれない磁石だ。この磁石と木のフレームを使い、113キロの重さに耐えれるほどの浮力ベッドを自作するという。日本で言えばさしずめ『宙に浮くベッドを自作してみたww』などと言うタイトルがつけられそうだ。


画像



ベッドの下と上に磁石を置き反発する力を利用して、宙に浮かせるという仕組みだ。ただ、そのままだとベッドが飛んで行ってしまい機能しない恐れもあるため、ワイヤーなどで固定し、あたかもその場に浮いているかのように見せるという作戦のようだ。なので、そのまま移動すると言う感覚を味わう事は難しそうだが、浮いているベッドに寝ているという、不思議な感覚は味わう事ができそうだ。

見た限りでは確かに浮いているし、寝心地はよさそうだが、ワイヤー固定されているとはいえ、寝がえりを打つたびに、ベッド全体が激しく揺れそうで決して寝心地は良いとはいえそうにもないが、逆にその浮いている感がたまらないというユーザもいるのかもしれないので、そのようなニッチなニーズに切り込んでいけば、もしかしたら商品化されるのかもしれない。

もちろん今のところ商品化の予定はないが、どうせなら移動も可能にしていただければ正真正銘の空飛ぶベッドになるのですけれどね。

【記事参照】
http://www.damncoolpictures.com/2012/05/homemade-magnetic-levitating-bed.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング