最近のリポビタンDはコレを見習ったほうが良い!断崖絶壁を命綱無しでクライミングがハンパない

秒刊SUNDAY / 2012年6月13日 16時46分

1339034320915-19

昔は、ケインコスギが断崖をよじ登ったり、落下しそうな仲間を助けたりと命がけのCM(もちろん演出)を添加していたリポビタンDも、最近は割と安全で、手に汗を握らないようなものになってきている。もうすこしハラハラドキドキさせるような演出がほしいところだが、こちらのフリークライミングの男性は、まさしく命がけクライミングの真っ最中だ。



画像

画像

画像

こちらの断崖絶壁は地上150メートルもあろうかと言う岩場。もちろん落下すれば命はない。そんな岩場になんと命綱無しで登頂をこころみようというのだ。彼は23歳で名前はKemeter、フリーロッククライマーで、数々の危険な場所を登ってきたという。今回の場所はフランスのヴェルドン国立公園だという。

命綱もない、ましてや緊急時に備え、地面にクッションが置かれているわけではない生身の体で上り詰めると言うのはある意味、命を捨てているようなものだが、彼がこうして写真に写り世界中を震撼させているという事は、まだまだ彼は生きているという事だ。

それにしても、彼を撮影するカメラマンも大変だ。カメラを撮影すると言う使命があるうえ、バランスを崩せば一気に落下は免れない。

さて、彼らが登頂に成功したら是非やってほしいですね『ファイトー!一発!』
大正製薬さん次回のリポビタンDのCMは、Kemeterのヴェルドン国立公園クライミングでいかがでしょうか。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2138404/Dont-let-Heart-stopping-moment-Spiderman-free-climber-dangles-500ft-cliff-ropes.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング