日本人なら誰でも分かる問題がネットで話題に。解説と答え

秒刊SUNDAY / 2012年6月16日 21時29分

dfwef

日本人なら誰でも分かる問題と言う問題が、Twitterをはじめとするネットで話題になっている。問題は、1→1 2→2 3→3 4→5 5→4 10→2 100→6 1000→?というものだが、本件日本人なら誰でも分かるという表記がポイントとなる。つまり数学的要素と言うよりも国語力が左右しそうな問題である。果たしてどのような答えなのだろうか。




記事参照
(https://twitter.com/1000favs_/statuses/213825740301533184)

問題をおさらいするとしよう。

1→1  2→2  3→3  4→5  5→4  10→2  100→6  1000→? 

と言う問題だ。1=1 2=2 3=3までは規則的な増加をたどっているが、4になると突如5になり、逆に5になると4になる。この法則はいったい何であろうか。
あまりよく考えてしまうと、深入りして判らなくなりそうなので『日本人なら誰でも分かる』と言うポイントに注意を払えば判りそうだ。

日本人・・・日本語・・・漢字、そう漢字に当てはめてみれば答えは見えてくるはずだ。
各数字を漢字に当てはめると以下のようになる。

一 二 三 四 五 十 百 千

そろそろ判ってきただろうか、上記数時から見えてくるものが答えとなる。
ヒントを出すと、数字には全く因果関係なく文字を良く見ていただければ判る。

一=1、 二=2 三=3 四=5

そう、つまりこの答えは画数によるものだったのである。従って1000は3と言う答えが正しい。ちなみに一は壱とも書くので、7としても正しいはずだ。Twitterでは、別の解法もこじつけられる気がして腑に落ちない!なんで3なのかが判らない、なんで日本人ならなの?と様々な意見が交わされているが、皆様はお分かりいただけただろうか。

さて、以前この手の問題がネットで話題になっていたのでこちらも紹介しておきたい。
プログラマには難しく、幼稚園児には簡単な問題だ。先ほどのように違う視点からの発想が答えを導き出すカギとなる。



画像

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング