ノンアルコールビールに『アルコール』を入れるとビールになるかやってみた

秒刊SUNDAY / 2012年7月8日 11時54分

写真 12-07-07 22 42 10

ビールのおいしい季節になってきました。仕事が終わって家に帰り風呂あがりにビールをいっぱい、ぷはぁーっ!とやっている方も多いでしょう。または仕事の付き合いで飲み会に借り出される社員もいることでしょうが、車の運転のために、ノンアルコールビールで気分だけを味わうと言う方もいるはず。さて、そんなノンアルコールビールですが、一つ疑問が。アルコールを入れるとビールになるのでしょうか。





こちらがノンアルコールビール。泡立ち色、匂い。どれをとってもビールそのものなのですが、飲んでみるとすぐにそれが、ビールではないことが判る。単純にアルコールが無いからなのか、それとも製法そのものが異なることによる根本的な問題なのか。

ノンアルコールビールは各メーカー様々で具体的に例をあげるとキリンフリーなどは麦芽を糖化させホップを加えたもので、酵母などは入っていない。また、アサヒダブルゼロは麦芽エキスに特殊な成分を加えてビールテイストに仕立て上げた、疑似ビール。

果たしてアルコールを加えることによりビールになるのか。

ーアルコールの入手


画像

さて、アルコールを入手する為には薬局に行くのが手っ取り早い。薬局で主に売られているのは「エタノール」が該当する。しかしこれがまた高い。なぜならエタノールはアルコール類であるからして酒税法が課せられ酒類扱いになる。

ただ残念なことに薬局で売られているエタノールはあくまで消毒用。飲料用としては使えないそうだ。店の店員に「飲めるエタノールください」とお願いしたところ、そう言ったものは扱っていないのでとかたくなに断られたため、苦肉の策で、普通の酒を購入。


画像

鬼ころしだ。
この日本酒と、ビールテイスト飲料を混ぜて本来のビールになるかどうかを試してみた。ちなみに、酒を入れる前のビールテイスト飲料を飲んだところ、ビールでもなく、麦茶でもなく不思議な味がした。


画像

実際にビールと酒を混ぜた様子だ。ビール独特の泡立ちは殆ど見受けられない。また、よく観察するとアルコールの成分がもやもやと混ざっているのが良く判る。

さて、肝心の味だが残念なことに『ビール』にはならなかった。なぜなら味そのものがビールではないからだ。これはビールテイストに近づけるため麦芽エキスと様々な添加物を混ぜて作った疑似ビールである為、やはり製法そのものの違いが、決定的な違いを生んでしまったようだ。

アルコールの味はするが、明らかにビールほどの爽快感や苦みは無い、全く別物の飲料だ。言うならばアルコール入り、ビールテイスト飲料であり、もしかしたらビール風味の発泡アルコール飲料として知られる第三のビールと言うのがベストもしれない。

いずれにせよ、アルコールを入れただけではビールにならないので、ビールのありがたみがヒシヒシと伝わる実験だった。

(ライター:ユカワ)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング