和歌山でパンダが既に12頭も繁殖に成功していることが判明!

秒刊SUNDAY / 2012年7月11日 22時7分

panda

上野動物園でパンダの赤ちゃんが24年ぶりに誕生し大いにわきあがる中、本日突如死亡との報道。原因は肺炎。国民が悲しみに包まれる中、パンダの繁殖がいかに難易度が高いかと言う事を知らしめた。改めてパンダの自然繁殖の難しさを痛感させられたのだが、Twitterの情報によると和歌山のアドベンチャーワールドでは既に12頭もパンダの子どもの繁殖に成功しているという。あれ?パンダって上野動物園だけでは?なんて事を思う方もいるのかもしれないが、それは違います。


画像

アドベンチャーワールドより
http://aws-s.com/animal/index.php

上野動物園ですらパンダの繁殖に失敗しているのだから、国内でパンダの繁殖はもはや不可能・・・いやいやそんなことはありません、アドベンチャーワールドでは既に12頭のパンダの繁殖に成功しているようです。
2010年8月に生まれた​「​海​浜​」​「​陽​浜​」ちゃんは双子のパンダで今もなおすくすくと育っているという。

一般的にパンダといえば「上野動物園」という固定概念があるが、実は和歌山でもパンダがいることはあまり知られておらず、さらに繁殖に成功しているなどと言うニュースはあまり話題に上ってこない。やはり『上野ブランド』には太刀打ちできないのか。

Twitterでは『南紀白浜アドベンチャーワールドのパンダをもっと取り上げろ!』『和歌山パンダは隠蔽されている』『マスコミはまったく報じていない。』などと批判的なツイートが見受けられるが、実際にはこのようにホームページ上でも紹介もされ、ニュースにもなっている。つまり報じられている。

和歌山のパンダは取り上げないのではなく、悲しいかな『話題にならない』のだ。
やはり、『上野動物園のパンダ』という冠がつかねば話題性もないのだろうか。

パンダの赤ちゃんを見たいと言う方は和歌山のアドベンチャーワールドに向かってみてはいかがだろうか。

アドベンチャーワールドのパンダの動画
http://youtu.be/iEQK8bB0hYE

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング