これを知らなければ『リア充』。ふぁぼ・メシウマ・※いくつ知っているか

秒刊SUNDAY / 2012年7月17日 12時0分

wotajyu

喪女、キョロ充、CV、コミケ、ふぁぼ・・・どこかで聞いたことがある、そんな気がしたらもしかしたらあなたはリア充ではないのかもしれない。こちらの単語はオタクとしての充実度つまり『ヲタ充』を図るバロメータとなるキーワード群のようだ。リア充がよいかヲタ充が良いかは別として、何故このキーワードがチョイスされたのかは謎だ。せっかくなのでこれらキーワードを調べていきたい。


(画像:Twitpic

こちらのキ―ワードは、人気ファッション雑誌「セブンティーン」に掲載されているものだと言う。ついにティーン雑誌にまで、2ちゃんねるや、その他ネット界隈で使われる用語が取り扱われるようになったのかと思うと、いかにネット社会が、リアルに侵攻しているかということが良く判る。そのうちネットの言葉が、全く恥じらいもなくつかわれる時代が来るのではないかと危惧したくもなる。

さて、今回掲載されていたキーワードは以下である。もし知っていたとするのであればそれはリア充ではなく「ヲタ充」なのかもしれない。

・喪女(もてない女性)
・キョロ充(なんちゃってリア充)
・CV:(声優)
・コミケ(コミックマーケット)
・ふぁぼ(Twitterでお気に入りに追加すること)
・クラスタ(集合体)
・※(コメントの事)
・メシウマ(人の不幸は飯がうまい!)
・PPPH(ヲタ芸)
・黒歴史(触れられたくない恥ずかしい過去)


逆に言うと、ツイッター!リツイート!いいね!スマホ!そんなメジャーキーワードはもはや、オタクと言うカテゴリではなくメジャーシーンで使われる言葉であり、何の躊躇もなく利用しても良い言葉であろう。そんな専門用語使われても判んないよ!というパソコンを使わない世代にも自信を持って「一般語です」と言う事ができるのかもしれない。

だが、上記キーワードは残念なことに、ネットと言うサブカルの世界では有名ではあるが決してメジャーではない。知っていたとしても決して一般世間では使わないようにしたほうが無難だ。

もちろん上記キーワードのチョイスに異論は認める。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング