やはり動物園は暇なのか「うんち」を食べるゴリラが話題に

秒刊SUNDAY / 2012年7月21日 16時55分

13426187912233791

犬がまれに自分のうんちを食べているというのはよく見かけますが、我々と同じ霊長類であるゴリラもおなじようにうんちをたべるようです。理由としては定かではありませんが、一種のストレスである説や体内の細菌の調節をしている説、暇つぶし説様々な説が唱えられているが詳しいことは判っていない。やはりゴリラも精神的に鬱状態になり、異常行動を起こすと言うのか。


動物園のゴリラ。自分のうんちを非常に興味深そうに見つめる。ちょっとまって、それ匂い嗅いでどうするの?食べるの?なんて心配をよそに、ゴリラはうんちに目が離せない。匂いが気になるのか、それともうんちの中に含まれるわずかな餌の臭いが恋しくなったのか、同じ霊長類としてでも理解できない行動だ。

しかし次の瞬間、更なる理解できない行動を目にしてしまう。


画像

なんと、自分のうんちを美味しそうに食べているではないか、いったいなぜ自分のうんちを食べるのでしょうか。実はこの食糞と呼ばれる行為は動物たちにとってそれほど珍しい行為ではありません。例えば犬などは、ストレスのあまり、異常行動のために自分のうんちを食べることが確認されており、コアラはユーカリの葉を消化できない子供に、母親のうんちを食べさせると言います。

ただ今回は、大人のゴリラと言う事で食べ物を消化できない可能性は低い。どちらかと言うとストレスの影響で自分のうんちを食べるか、お腹がすいているか、それともただ単に暇潰しと言う説の可能性が高い。

動物園での動物たちは、やはり敵に狙われる心配もなく、ただ1日中暇な時間を過ごすということになる。暇を持て余すあまり、うんちを食べるなんてケースもあると言われているようだが、我々人間には割と理解しがたい行動だ。

掲載元(未処理の画像がありますご注意を)
http://tt.mop.com/read_12483390_1_0.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング