早稲田のケータイマナーが秀逸過ぎると話題に

秒刊SUNDAY / 2012年7月23日 23時27分

wasda

授業中や試験中は携帯をマナーモードにするか、もしくは電源を切ると言うのがどこの学校でも鉄則だと思われがちだが、早稲田は一味違うようだ。こちらの授業で教える携帯マナーはあえて逆の発想をしていると反響を呼んでいるが、果たしてどのようなマナーなのか、斬新過ぎる携帯マナーに注目していただきたい。



画像Twitpicより)

ケータイは音オンで机の上に、メールは無視、電話は「今試験中だから」と言って切るということだ。いったいなぜわざわざ携帯の電源をONにする必要があるのか、ONにしてしまえば、もし万が一携帯が鳴った場合、非常に恥ずかしい思いをする。ましてや、ヘンな着メロなんて設定していたら赤っ恥。

どうせなるのであれば、いっそのこと電源をオフにしておいたほうが無難。なぜなら、ONにしているのはすぐに判るが、OFFであればバレない。

では、バイブ設定はどうだろうか。右上に小さく『バイブは不可』との記載。
さすが早稲田だけある、もはやこの状況は電源をオフにするしかないのである。マナーモードにしろと言うと忘れる人がいる。しかし電源をONにしろと言われると、なんとなく恥ずかしいのでオフにしたくなるという深層心理を突いた注意書き。秀逸過ぎる。

Twitterではこの授業に関し

・逆の発想だわ
・さすが早稲田だわ
・この授業知っているわ
・早稲田の遊び心さすが!
・これ本当かよ
・なるほど!
・そういうことか!
・えっ、音をオンなの!?(^^)
・ 早稲田すげぇえええええ!!!!!
・ 着うたで笑いがとれるかどうかのテスト?
・逆転の発想www

などと素晴らしいアイディアに感銘を受けている。
あえて言うがもちろん、これは『電源をオン』にしてよいという意味ではないはずだ。
一本取られた注意書きに脱帽。

https://twitter.com/ronin1to1/status/227295468760223744/photo/1

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング