インドのカンニング防止システムが凄い!Twitterで話題に

秒刊SUNDAY / 2012年7月30日 12時11分

fff

日本でも一時期、YAHOOの知恵袋などを使った携帯電話カンニングが問題視されておりましたが、日本のみならず海外でもカンニングが問題視されております。そこまでして答えを知りたいのか、とつっこみたくもなりますが、彼らも必至なうえ、深く追求するのはこの際遠慮したい。さて今回はインドのカンニング対策が話題になっておりますので紹介したい。


画像

https://twitter.com/sacchan517/status/229405977470988289/photo/1

さて、これは何をやっているのか鉛筆を持ち、必死に何か書いている。もちろん防災ずきんをかぶった避難訓練ではない。一生懸命試験に取り組んでいるのだ。もちろんこれが本当にカンニング対策なのか、それとも何か別の授業の一環なのかは不明であるが、いずれにせよこの格好で勉強に励んでいることは確かだ。

国はインドということだが、別の海外サイトではマレーシアや東南アジアの国だと言われている。
それにしても、この手法でカンニング防止だとしたら、カンニングどころか自分の回答ですら思い通りに記述できないのではないか。もしくは、前だけが見えると言うシステムであるとするのであれば、完璧に防ぐと事は不可能。

だが、このシステムの本領発揮は「見える・見えない」だけの安易な防御策ではないのかもしれない。実はこの装置を付けた状態で横を振り向いたら一大事だ。通常時の首の振りむきよりも数倍頑張らねば見ることができないうえ、傍から見れば明らかに不正行為がばれてしまう。つまり、客観的に不正行為がバレやすいという特殊な機能も有している。

さすがだと言いたいところだが、日本での実用化は程遠いだろう。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング