洗濯槽の掃除は酸素系が最強?!ネット上で話題に

秒刊SUNDAY / 2012年8月2日 21時2分

sentaku

これからの季節、暑い日が続くこともあって他の季節とは比較にならないほど回す回数が増えるだろうと思われる洗濯機。しかし、日頃使用している中でふと気になるのがCMなどでもよく言われている“洗濯槽のカビや汚れ”です。最近では洗濯槽の汚れを自動で洗浄してくれるものもありますが、まだ使えるからと古い洗濯機を未だに使用しているというお宅も少なくないのでは?使用期間がながければ長いほど、もしかしたら洗濯槽の裏にびっしりとカビや汚れが・・・?という不安を感じ、月に一回は洗濯槽用の洗剤で洗浄しているという方もいらっしゃることでしょう。そんな、洗濯槽用の洗剤についてネット上で話題となっていました。
「酸素系の漂白剤使ってみろ。マジでこんなので選択(洗濯)してたのかと絶望するほど取れる 」 と書かれていたのは、国内最大級のネット掲示板『2ちゃんねる』のとあるスレッド。

投稿者は普段は酸素系ではない洗濯槽クリーナーを用いていたそうで、今回、酸素系のものを用いた所、かつて無いほど大量の汚れが落ちたのだそう。その使用方法は

一般的な洗濯槽用クリーナーの用い方と同じで

暖かいお風呂の残り湯を洗濯機の水量最大の位置まで入れる
酸素系の漂白剤を500g入れる洗濯機を回す
(洗いのみ)2時間放置したのち、もう一度洗濯機を回して(洗いのみ)一晩放置
翌朝、浮いている汚れを網などですくったら、すすいで水を捨てる。


あとは、汚れが浮いてこなくなるまで、水をためてすすいで、浮いてきたものをすくうを繰り返すのみというもの。
多少時間はかかりますが、これが非常に効果的なのだとか。

 投稿者いわく「CMのイメージ映像並に取れる」とのことで、お湯の温度が高いほど効果がでると書かれていました(ただし、あまり温度が高すぎると洗濯槽や本体に影響があるかもしれませんから、気をつけてくださいね)。
「汚れがとれまくって嬉しかったから、他のやつにもこの感動を味わって欲しかった」

という気持ちから今回投稿するに至ったようですが、これ以降、柔軟剤の効きも良くなったということも書かれていました。

確かに、洗濯機といえば常にジメジメしている印象があり、梅雨の間に雑菌やカビがその中で更に繁殖していそうなイメージです。何度も梅雨を越しているものなら尚の事。

最近では酸素系の漂白剤や洗濯槽クリーナーも登場していますので、この機会に洗濯槽をキレイにし、夏はより快適な洗濯ライフを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング