スシローにて前代未聞衝撃的な寿司ネタが流れてきたと話題に

秒刊SUNDAY / 2012年8月19日 21時50分

shogeki

うまい寿司ネタをモットーに全国チェーンを手掛ける、ご存じ「スシロー」にて衝撃的なネタが流れてきたと話題になっている。ファミリー寿司レストランの競争が激化する中、このネタは新たな勝負の一環なのか、それとも何かの間違いで放流されてしまったのか、それとも客のイタズラか?前代未聞の衝撃的なネタを是非見ていただきたい。

画像

スシローの衝撃的なネタを見ていただく前に、スシローの商品管理についてお勉強してみよう。ホームページの情報によると、スシローの寿司皿にはICチップが埋め込まれており商品管理を行っている。たとえばマグロであれば350メートルレーンを流れたら自動廃棄するという物凄いシステムが組み込まれている。つまり他店に比類なき驚きのITシステムが組み込まれたハイテク回転寿司なのだ。

もちろんそれが美味しさに繋がるのだが、スシローのうまさはそれだけではなくネタの新鮮さや独特のオリジナル商品にも目を向けていただきたい。焼豚ねぎまみれ(105円)煮あさり包み(105円)など、魅力的な商品が扱われる中、ネットで話題になっていた衝撃の商品がこちら


画像)Twitpicより
https://twitter.com/m_Yz/status/181348529841774592/photo/1

極上一貫の寿司ネタ・・・いやそっちではなく右の商品、イカではないわさびが見える。わさびのせ?わさび寿司?いいえ、ネタが見えない透明ネタだ!様々な憶測が飛び交い騒然とする中、このネタの正体はいったい何なのか

・プレーンか通だな
・追い剥ぎに遭ったのね、かわいそうに
・ わさびだけ?
・どこ行ってもマナー悪い客いるんだな
・上だけとっておいてかれたのか
・これはまじでたまにある
・老人がたまにやらかす
・ 時すでにお寿司


寿司ごと無くなるのであればまだ判るが、ネタのみはぎとられると言うのはいったいどういう状況なのか?
前代未聞の謎の寿司ネタはまるで回転ずしのようにネットに拡散していった。

(ライター:たまちゃん)
面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング