夏休みの宿題困った学生に朗報!『宿題代行サービス』なる物が存在

秒刊SUNDAY / 2012年8月22日 12時8分

otasuke

夏休みも終盤にさしかかり、そろそろ宿題が終わらないと嘆いている学生は多いのではないだろうか。しかしこの時期になると、読書感想文や計算ドリルならまだしも日記や自由研究等は、毎日コツコツとやらなければ完成しない物で、1日で片付けると言う訳にはいかない。そんな方に朗報、宿題を代行してくれるサービスがあることをご存じだろうか、もちろん推奨はしないがこのようなサービスがあることを知っていただきたい。


さて宿題代行サービスを紹介する前に、お断りしておきたいのだが、本記事は宿題に困っている方を救済する記事ではないと言う事。もちろん自力でやっていただきたいし将来の為に今のうちに苦渋を味わう事は別に悪いことではない。言ってしまえば31日に間に合わなくても、先生に叱られるかもしれないが、いつか完成すればいいわけだ。もし宿題に困っている親御さんがいたら、是非自力でやらせてあげてほしい。

しかし、そんな感情とは裏腹に、やはり足元を見るスキマ産業のようなサービスは存在する。今回はその宿題代行サービスの実態を紹介したい。

―対応する宿題

宿題HELP3では、大学の卒論のような高度な課題から、小学校の計算ドリル、読書感想文まで幅広く対応している。もちろん自由研究も対応

また、宿題ネットではそれだけでなく、なんと塾の宿題も対応していると言うから驚きだ。塾に通わせて、更にその宿題を代行すると言うのは、なかなか面白い家庭だ。

―気になるお値段

気になるお値段はバラバラで、1問300円のものから、読書感想文で利用する原稿用紙1枚であれば5000円と言う者まで幅広い。つまり原稿用紙4枚で読書感想文を完成させるには20,000円払えば宿題は完了する。その他ドリルや、その他小さな課題を含めると、おおよそ50,000円ぐらいあれば宿題は完成するだろうか。

50,000円で宿題がおわるのであれば・・・と戸惑う方もいるのかもしれないが、実際に注文するのはほとんどが親であろう。いったいなぜ親が宿題を代行させるのか理解に苦しむが、子供が忙しくて宿題ができない、レッスンのほうが大事、日本にいない・・・などであろうか。

とはいえ、今は昔と違って判らないことがあればすぐ調べることができる時代。
最悪、計算問題はGoogleで・・・なんてズルは絶対してほしくはないので、是非お子さんには自力で完成させてほしい。なにせ、オトナになると仕事によっては毎日が締切日ですからね。

宿題代行サービスの例
http://s-1.me/otasuke-net/
http://www.gakusen.com/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング