便利な地下鉄料金表一覧が登場!一番高い地下鉄は・・・

秒刊SUNDAY / 2012年9月12日 12時4分

dwfwfwqqw

地下鉄の料金と言えば割と曖昧な記憶しかないのですが、結局どの地域が高く、どの地域が安いのかと言うのは気になるポイントだ。だが、こればかりは「安いほうを・・・」というわけにはいかないので、郷に入ったら郷に従えで地方の値段に任せるしかない。さて一番高い地下鉄と言えば・・・そんな料金表をご覧いただきたい。

画像Twitterより

さてこの料金表は、キロごとにどれだけ料金が発生するのかを示しているようで「3」というのは3kmということだ。それに従い7は7km。3km圏内ではおおよそ同じ値段にはなっているがその中で飛びぬけて安いのが東京メトロの「160円」だ。さすが都心ということもあり、稼働率も高く回転率も高いので160円でも採算が合うと考えられる。

逆に高いモノと言えば仙台市営地下鉄だ。3kmまでは他とほぼ横ばいだが、15km地点で他と100円近い差をつけている。一体何故ここまで高いのか。

根本的な理由とはいえないが、例えば東京メトロは1日約560万人(H15)の利用者がおり、それがたとえ160円圏内だとしても896,000,000円の売り上げが見込める。

対して仙台市営地下鉄は1日平均約15万人で最低の200円で計算すると30,000,000円となり東京には遠く及ばない、そればかりか年々収益が低迷していき、ワンマン運転を行うなど低コスト化を図っているが,未処理欠損金が多額に上っているなど厳しい経営状況もあるようで、今後も厳しい戦いを強いられそうだ。

つまり、コストが高い背景には単純な経営難という問題が潜んでいる可能性が無きにしも非ずだ。
参考までに下記表を見ていただければその残念な現状が良く判る。


画像
http://www.kotsu.city.sendai.jp/kigyo/keiei/22subway_kessan.html

東日本大震災の問題もあるため、東北にはなるべくお金を落としていきたいものだ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング