フランス外人部隊の求人にネット騒然「17歳から40歳の男性」が対象

秒刊SUNDAY / 2012年10月2日 17時2分

gaijin01

“外人部隊”と聞くと、有事の時の潜入作戦や破壊・工作活動をするなどのハードなイメージを思い浮かべる方も多いかと思いますが、そのハードさに惹かれているという方もいるのではないでしょうか?そんな“外人部隊”の求人がWEBサイトで日本語ページを作ってまで行われていると話題になっています。日本語ページを作成し求人を行なっているのはフランスの“外人部隊”。
 サイト上では、フランス本国で選抜が行われることや、募集対象が17歳から40歳の男性であること、合格した場合は最低5年の初期契約となることなどが詳細にかかれており、その他選抜試験の内容も記載されています。
 これについてネット上の反応は

・黄色人種は便所掃除とかの差別があると聞いた。
・詳しくは判らないのだが、鉄砲玉要員と考えてokでしょうか?
・捕まったらひどく拷問され、必ず殺されます。
・こんな傭兵部隊に入ったら、絶対ほられてボロボロにされるわ。
・フランス語も英語も出来無いけどいい?
・捕まったらほんと悲惨な殺され方しかされない。
・フランスの外人部隊にいたら民間軍事会社に入れる。


と、様々ですが、多かったのはやはり「捕まったら拷問されて殺される」といったもの。
初任給は1043ユーロとのことですが、日本円に換算するとおよそ106,063円ほど(2012年9月23日時点でのレート)。

衣食住は完全に支給されると書かれているので、この金額は丸々お小遣いとして自由に使うことができると考えてもいいのでしょう。この金額を低いと考えるか高いと考えるかは人それぞれですが、作戦中に捕まったときのリスクを考えると安いような気はします。
ただ、ちょっと気になったのが「独身者であろうと既婚者であろうと、あなたは独身者として入隊します。」という一文。

まさか、既婚者が入隊する場合は離婚が前提ということなのでしょうか?「単身赴任」の誤訳だと思いたいところですが、そもそも既婚者で“外人部隊”を目指す方というのもあまりいないかもしれませんね。
ネット上ではかなり注目を浴びているこの求人、果たして応募するという方はいらっしゃるのでしょうか?

【記事参照】Recrutement


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング