偽僧侶が路地裏でタバコ・金勘定にTwitterで批判集中!

秒刊SUNDAY / 2012年10月14日 12時1分

souryo

僧侶が路上でお経をあげながらお布施を恵んでもらう托鉢というシステムが日本ではメジャーとなっているが、そんなシステムを悪用し、金を巻き上げているという噂がネットで囁かれている。アップロードされた画像では、路地裏で金勘定をし、咥え煙草まで。しかもその場所は禁煙エリアだということで、マナーの悪さも浮き彫りに。果たしてこのような行為は認められるものだろうか。



画像Twitterより
http://twitpic.com/b2k6gx

托鉢で売り上げたと思われる金額を、笑みを浮かべながら勘定しているという衝撃的な瞬間だ


画像を拡大してみると、タバコをくわえながら金勘定をしていることが判明。そもそも僧侶がタバコを吸うなんて、戒律違反ではないのか?と思うのかもしれないが実は日本のお坊さんは、酒・たばこがOKであるという珍しい宗教なのである。

とはいえ、節度を持って吸わなければいけないのは坊さんだからという訳ではなく、人間としてのマナーである。そんな中、彼らが吸っているその場所は実は禁煙区域。上記に飲食・禁煙の張り紙が貼ってあるにもかかわらず、堂々と吸う彼らの姿にネットでは怒りの声も。

―Twitterの反応


・海外でも子供が良くやってくる手口。
・お金集めこれが秋葉原などで目撃されている、金色の御札を手渡してきてお布施をせびる偽僧侶
・宗教は金になるからね。
・咥え煙草
・金貨を出してお布施をせびる。上野浅草にもいるよ
・通報して托鉢許可証を持ってるか確かめさせれば良いと思います
・あーコレが噂の
・ワロスw
・ツラやべぇ


彼らが本当に僧侶であろうとなかろうと、お布施をされた方にとってはあまり見たくは無い光景だが本当に儲かるのであろうか?托鉢をやっている方に話を聞いたが、年間でおおよそ100万円の売り上げがあるそうだ。1日にすると3,000円ちょっとだが、税金もかからないため毎日やれば十分暮らせる金額なのかもしれない。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング