世界で最も太った少年10歳でなんと体重150キロ!

秒刊SUNDAY / 2012年10月25日 18時52分

0_91c5f_627c1efb_L

世界に太った子は様々居ますが、こちらのコトノフ君ほど太った少年はまずいないでしょう。彼の体重は10歳の時点で150キロ。一般の10歳の少年の体重が35キロであるから、実に5倍近い体重を誇る。しかしなぜ彼がそこまでふとってしまったのか、もちろん彼は食べることに執着心を燃やしてはいるが果たしてそれだけであるのか。

画像

不思議なことにコトノフの家族には太った子どもや親はいない。彼自体が4番目に生まれてきており、それ以外の子供は普通の体重だと言う。10歳の時点で150キロと言うから恐ろしいまでの体重であることが判るだろう。しかし、生まれた頃は3キロしかなかったと言う。しかし2歳のとき17キロ3歳のころは7歳ぐらいの体重があったという。

彼の巨漢っぷりは、マスコミの格好の餌食となりなんと日本のテレビにも出演。世界一背が高い男・世界一背が低い男と共演したという。さらに英国からは映画のオファーもきており、一躍人気者に。


画像

しかし気になるのか彼の体重が何処まで増えていくかだ。単純な生活習慣病の一環としての肥満と言うことであれば、生活を改善すれば肥満は収まる。ところが彼の家族構成で、誰も肥満体形の方がおらず、彼だけが特殊なスタイルになってしまったことには大きな不安が付きまとう。

彼がこの後更に太り続け歯止めが効かなくなった際に、病院に行くのでは手遅れになる可能性もあるので、一刻も早く彼の肥満原因を突き止めたいものだ。

http://englishrussia.com/2012/10/14/the-fattest-boy-in-russia/


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング