オーストラリアのメルボルンで『スカイフィッシュ』のようなものが撮影される

秒刊SUNDAY / 2012年11月10日 17時21分

skyfish

UFOと共に話題になるUMA(未確認生物)として名高い「スカイフィッシュ」がメルボルン(オーストラリア)で撮影され、話題を呼んでいる。UMAと聞く時点で、胡散くさいニュースだと思われがちだが、今回撮影されている謎の動物は、確かに得体のしれえない生物であり、非常に興味深い。果たしてこの生物は本当にスカイフィッシュだというのだろうか。
画像

撮影されているスカイフィッシュは、画面上の左から右へと超高速移動を起こし、残像のみが映し出されているという状態。通常ハエなどの生物であれば不規則に漂うような動きをとるが、この生物はまっすぐ画面右端に飛行している。スカイフィッシュのスピードは時速280km/h以上で飛び、大きさも15センチ以上あるというからその存在感は計り知れない。

しかし、世界中で目撃されているスカイフィッシュはどれも映像の中のみに存在し、実際に捕獲された例はないようだ。今回のこの映像がスカイフィッシュの解明への手がかりになるのではないかと期待もされるが、現状では、やはり「虫説」や『ゴミ』などの物体によるものではないかと言う人が大半だ。

ちなみに日本ではスカイフィッシュとよばれているが、海外では「ロッド」や「フライングロッド」等と呼ばれており、魚と言う認識が薄いようだ。

どちらかというと、スカイフィッシュのほうが夢があってよいと感じる。

―スカイフィッシュの映像



動画URL
http://www.youtube.com/embed/wwjddMT8yMk

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング