ツイッターで人気の「ホモォ」のガチャガチャがあったのでやってみた

秒刊SUNDAY / 2012年11月26日 17時0分

homoo

Twitterで絶大なる人気をほこる奇妙な架空の生き物「ホモォ」だが、なんとガチャガチャになって登場していたので早速購入してみた。思い返せば掲示板等で人気になった架空キャラクターを商用で販売した場合、どうしても著作権のあり方で利用者と、販売業者がもめるケースが多いが、今回は特にそのような問題は発生しておらず、平然と売られていた。

画像

驚いたことにこの「ホモォ」らしき商品は一切名前が記されていないのが特徴だ。Twitterで見かけるあのキャラクターっぽいものと、¥300とだけ記されているため、一般の方からすれば一体何のキャラクターであるかは全く想像できないはずだ。

おそらくタカラギコ問題や、のまねこ問題同様Twitterで話題になっている著作者の判らない架空キャラクターを無暗に商品化することで利用者ともめてしまう恐れがあるため、あえて名前を出さないというスタンスではなかろうか。名前を出さなければ万が一利用者ともめることが生じてもこれが「ホモォ」ではないと言い張れば済む話だ。

もっとも「完全に一致!」などと炎上してしまえば認めざるを得ない状況になるため、リスクは非常に高い。それを承知の上で出すというのは非常に勇気のいる行動だ。そう言った意味で「良く商品化できたな」と感心してしまうポイントでもある。


画像

種類は6パターンありランダムで出現する。今回出てきたのは泣いているホモォ。あまりTwitterでは見かけないパターンだ。

販売元はWANDERLU TOYS。
ビレッジバンガードなどの面白雑貨屋などの店頭に置かれているケースが多い。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング