電車内の一般人をTwitterで晒し自分が炎上!学校まで特定される

秒刊SUNDAY / 2012年12月3日 23時26分

ww

電車内などで、面白い人がいたからと言って一般の人を安易に撮影して、Twitterで拡散させるケースは最近ではお馴染みとなったが、反面自分が晒しものになる危険をはらんでいることを忘れてはならない。とあるユーザが、電車内で成人向け雑誌を読んでいると笑いものにし、Twitterにアップしたことでたちまち自分が炎上。本名まで晒される事件が起きている。


問題の人物はTwitter上で「電車内で成人向け雑誌を読んでいる」と発言し、更にその証拠の写真をTwitter上にアップした。その雑誌が成人向け雑誌であるか否かは別として、一般の方を無暗に撮影してTwitter上で晒すというモラルの無さが、ネットユーザを刺激したちまちご本人は炎上。

なんと、本名や通学先の学校はおろか、高校生であるにもかかわらず飲酒をしているという疑惑やカンニングをしたという疑惑まで浮上。肖像権侵害や名誉棄損だけでなくありとあらゆる非を指摘され始めた。

当然本人はTwitterアカウントを抹消し逃亡をしているが、ネット上に本名や学校名が残ってしまうという悲惨な状況に変わりは無い。そればかりか学校や警察に通報するなどと言う書き込みも見られ、この炎上はしばらく沈下する気配は無い。

このところ、闇雲に一般の方を撮影しTwitter上にアップして注目を浴びるケースが見受けられるが、本人に気づかれれば名誉棄損で訴えられてもおかしくは無い。TwitterなどをはじめとするSNSはブログと違い何処で繋がっているか判らない状況で、いつ炎上するか判らない状況であることを心がけておきたいものだ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング