公示日に即ツイート!公職選挙法ギリギリアウトだとネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2012年12月4日 12時4分

wqdwq

俳優としても有名な衆院東京8区の候補者が公示日に早速ツイートをしてしまい、公職選挙法に抵触するのではとネットで話題になっている。公職選挙法では公示日から選挙日が終了するまでの間、ネット上などでの選挙活動が原則できないというルールがあるが、同氏は公示日の4日ギリギリにツイートしてしまった。


https://twitter.com/yamamototaro0/status/275615619980881920

同氏がツイートした内容は『杉並8区の皆様。 時間ギリギリで滑り込んで申し訳ありませんでした。 全力で走ります! お力添えを!』というもので、選挙活動にまつわるものだ。ところがこれをツイートしたのが、2012年12月4日になった瞬間であり、3日23:59:59ならセーフだが、4日になってしまったのでギリギリアウトである。

Twitterでの発言が公職選挙法に触れるか否かについては議論が分かれるが、発言内容があからさまに選挙活動にまつわるものであれば、おとがめなしと言う訳にはいかないのかもしれない。

もちろん即出馬取り消しになる訳ではないが、当選時に突かれる原因になりかねないので、選挙期間中は慎重な体制を取るべきなのかもしれない。

―Twitterの反応
・ダメじゃんwww
・公示後なのでアウトですね
・公示後の公職選挙法違反ってコレかな?
・公選法違反第一号ハケーンwww
・公職選挙法抵触について一言お願いします。
・法律抵触…?
・馬鹿丸出し。
・あーらら…
・タイムアウトでしょ。59秒。
・滑り込めてないよwwwwwww ああぁぁぁアウトwwwwwwww
・なんというギリギリアウト
・選管に通報か
・超えちゃいけないライン考えろよ
・アウトー
・おいおっさん。

ネットではこの一環のやりとりを「ネタ」と見るユーザも多いが、絶妙過ぎるタイミングに別の意味で驚きの声が多数上がっている。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング